プロフィール

狭く浅くゲームを遊んでいる人です。

猫ひげ

Author:猫ひげ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

シンプルアーカイブ

気まぐれねこ日記
猫ひげが遊んでいるゲームの事なんかを徒然と書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4巻♪
氷菓のBD第4巻を買って来ました♪

収納ボックスの絵は温泉旅行2日目の花火シーンですね♪
奉太郎君と智志君が映ってないのが残念ですけれど、善名姉妹とえるちゃん摩耶花ちゃんの仲良し場面でほくほくな感じです♪

今回のおまけドラマの一本目は、『これからみんなで…』
えるちゃんの大胆なお誘いにどぎまぎして、しまいには混乱する奉太郎君が可愛いです♪
一字違いで大違い、というネタを持ってくると思わなかったので、不意を突かれました。
二本目は『試写会で間違えた』
伏線が実は17話『クドリャフカの順番』で張られているという、変に深いコントでした。
脚本を書いた賀東さんは入須ネタというか、入須が好みだそうです。
ネタとしても彼女のキャラは使いやすいんだろうな、と思いました。


オーディオコメンタリーでは、賀東さんが復活していました。
前回は寝坊だったそうです。
お仕事、大変なんだろうなあ・・・
監督の武本さんが善名嘉代役の役者さんの可愛らしさにどぎまぎした話や、賀東さんが父親の目でしか見られないといった可愛らしい話から、温泉で熱く語るところまで、すごく面白かったです♪
前巻に代打で出たディレクターの伊藤さんも初々しくて可愛らしかったけれど、やっぱりこの二人が抜群に可愛いなあと思います。
二人が「ここが良い」というシーンで時々、二人の反応してる場所が違うって思うシーンもあって楽しいです。
けど、風呂桶や子供が消える隠しコマンドや、後日談でえるちゃんと摩耶花ちゃんの入浴シーンの追加は本当に入れていて欲しかったかも。
温泉回の最後、監督さんがシーンを原作から少し変えた理由も話していて、すごく考えさせられました。
「傷つけられた方も痛いけれど傷つけた方も痛い」という言葉は、もしかして愚者のエンドロール編のことを言っているのかなあ。
次回のコメンタリーも楽しみです♪
スポンサーサイト
今月の少年エース♪
少年エース11月号を買って来ました♪
表紙はえるちゃんと摩耶花ちゃんの可愛らしい水着姿です♪
秋なのに何で・・・?と思ったのですけど、おまけの小冊子を見て納得。
11.5話のBD付属コミックス3巻の予約締め切りが、9月29日だからでした。
これだけ宣伝してくれると、予約を忘れてた人も気付けて良いですね♪
冊子の特集記事は読むより見るものっていう感じで、11.5話のカットがたくさん載っててほくほくでした♪

掲載されてた漫画は、千反田邸での推理から、司書の糸魚川先生に話を聞くところまで・・・アニメだと4話の後半から5話の途中までぐらいのお話でした。
お話はアニメと大体同じですけど、漫画ならではの表現が所々にあって可愛らしいです♪

今月の読みきりは、わたしのこっくりさんと妄想パフェテリアの二本でした。
こっくりさんはよくあるパターンのお話でベタかな、と思うのですけど、お話の持って行く方向がズレてたのが少し面白いかも。
妄想パフェテリアは・・・これは擬人化系のお話のえっち系かなあ(汗)
落ちに露骨な表現を持ってくると思わなかったので、ちょっと意外でした。


来月号は日常の置時計がおまけだそうです。
氷菓の特集は無いみたいなので、買うのはどうしようかなあ・・・
おどろき・・・
古典部シリーズの期間限定カバーのお話を読んで知ったのですけど・・・
このアニメ絵表紙って、取ったらちゃんと普通の本みたいな表紙が別にあるんですね!
ぜんぜん気付きませんでした(汗)
よくみたら、ちゃんと「アニメビジュアル帯」って書いてあります・・・
期間が過ぎたら無くなってしまうらしいので、早めに買い揃えておいて良かったです♪


アニメはもう終わってしまったけれど、今月号の少年エースでは氷菓の特集をやるみたいだし、今週末にはBDの4巻が発売になるしで、まだ寂しくならないのが良いです♪
原作の残り二冊も早く読まないと・・・
お雛様
氷菓の第22話『遠まわりする雛』を観ました♪


これで最後かと思うと、観るのが怖いような勿体無いような複雑な気持ちでしたけれど・・・

[READ MORE...]
衰退?
こっそり第一話から見ていた『人類は衰退しました』の最終回を見ました。

妖精さんと「わたし」の楽しいやり取りもこれで最後だというのも寂しかったのですけど、とりわけ・・・
家政婦ロボットの中から飛び出してきた妖精さんとの再会シーンと、
最後の夢の中でのお茶会で妖精さんに「もう寂しくない?」と聞かれたシーンにジーンと来ました。
ずっとロボットの中で、自分を助けてくれた「わたし」を見守っていたのかと思うと、妖精さんの優しさが素敵です♪
野薔薇会の人達のあれには、ちょっと引きましたけど・・・(汗)

氷菓とは絵も方向性も違うけれどすっごく楽しいアニメでした♪
原作小説があるみたいなので、機会があったら読んでみたいかも。
続編、やってくれないかなあ・・・?
文化祭
小説『クドリャフカの順番』を読みました♪
智志君が表紙の可愛い・・・かなあ。格好良い、ではないと思うのですけど。



[READ MORE...]
ちょこれーと
氷菓の第21話『手作りチョコレート事件』を観ました♪


ううん、何と言うか・・・
今までのお話と毛色がやや違うというか。
『男の子が思ってるより女の子は強くて賢い』という印象でした。
文化祭も各人ごとの視点ではあったけれど、今回はバレンタインという事で、男の子サイドと女の子サイドで完全に分かれてるからかなあ。
恋話に花を咲かせるえるちゃんと摩耶花ちゃんにほわほわしたり、女の子は誘えないような硬派なロボットゲームに興じる智志君と奉太郎君ににまにま・・・でしたけど、バーチャロンは女の子もすると思うので、一回摩耶花ちゃんを誘ってみれば良いのになあ。


[READ MORE...]
あと少し・・・
月刊ニュータイプとアニメディアの10月号を購入しました♪
ニュータイプには氷菓とローソンのコラボキャンペーンのお話が載ってましたけど・・・やっぱり見返してみても、当たる気がしないなあ・・・
アニメディアには和風の変わった格好をしている二人の姿が・・・これって何の衣装でしょう。
雑誌オリジナルの絵なのかなあ?

10月からの後番組のCMを見てしまったせいか、もうじき終わってしまう実感が沸いてきてとても寂しいです・・・


CTSもあと少しで終了ということで、依頼群もお話が終わるものが多いです。
私の関わっていたところはもう終わっているのがちょっと寂しいですけど・・・
きちんと終わるよう、頑張りたいと思います♪
ろーそん!
ローソンHPのキャンペーンを見てたら・・・
氷菓のキャンペーンが!

C賞の特大ポスターとクリアファイル5枚セット欲しい!
けど抽選は当たらないだろうし、クリアファイルの先着1000名様って無理そうだなあ・・・
他のコラボキャンペーンみたいに、対象商品を買ったら貰える形式にしてくれれば良かったのに。
でも諦めるのも後悔しそうなので、キャンペーン期間中は無理しない程度に頑張ってみようと思います。

私が飲めそうなのは、十六茶とアジアンミルクティーかなあ・・・他のは飲んだ事無いのばっかりです(汗)

るろうに♪
映画『るろうに剣心』を観てきました♪

明治初期のお話で、幕末に活躍した人斬り抜刀斎という人が主人公の映画でしたが・・・
面白いです!

ネタバレするかもなので、感想は追記に・・・


[READ MORE...]
お正月♪
氷菓の第20話『あきましておめでとう』を観ました♪


冒頭から閉じ込められていたりして、ちょっといつもと違う雰囲気の回かも。
お話的には、えるちゃんがお家事情を奉太郎君に紹介する話、なのかなあ。


着物をみせびらかすえるちゃんと見惚れる奉太郎君にほわほわでした♪
奉太郎君が着物姿を褒めなくても、きちんと表情を読み取って満足するえるちゃんは凄いかも。
さり気無く挨拶にも同席させたりして、意味深なアピールです♪
奉太郎君もすっかり参ってるみたいでしたし、効果はあったかもですね♪


閉じ込められてからの、千反田さんの為に奮闘する奉太郎君が男前です♪
脱出方法の想像図も何気にハリウッド映画みたいな格好良さでしたし・・・
参拝で省エネが何とかってお祈りした先から願い敵わずな奉太郎君が、何となく微笑ましいです。
今年も千反田さんの為に頑張る一年になりますよ、っていう神様のお告げですよね♪
でも閉じ込められてる間中、必要以上に触れ合わない二人がもどかしいです。
寒がってるのだから、手ぐらい握り合って暖めれば良いのに!

奉太郎君からのメッセージを解いて助けに行く里志君の笑顔は、こういう謎解きが好きなんだろうなあと感じました。
最後の意地悪笑顔が、後でこのネタで奉太郎君をからかうんだろうなあと想像できて面白いです♪


次回は『手作りチョコレート事件』
バレンタインのお話かなあ?
事件ってついてるけれど、バレンタインで大仰なことは起こらないと思うので、恋愛話がメインなのかも♪
摩耶花ちゃんとえるちゃんがどんなチョコを贈るのか、楽しみです♪
[READ MORE...]
試験!
エリュシオンで試験イベント第一回の結果が出てました。
私は特によくも無く悪くも無く、普通に進級ライン超え・・・
普通に考えると面白みの無い結果と見られそうですけど、奉太郎君と同じぐらいの順位と思うとすごくほくほくな感じです♪
欲を言えば、ぴったり真ん中の順位を取れたら奉太郎君と一緒なのですけど・・・そこまで狙うのは難しそうです。
2回目の行動入力締め切りは9日だそうなので、早めに考えないとです♪
二週目♪
アーニャのアトリエ、ようやく二週目をクリアしました♪

エンディングはベルちゃんと二人でホウキに乗って旅行でした♪
一週目のときに見たシーンが出たので一瞬失敗したかなと思ったのですけど、そこから選択肢が出てほっとしました・・・
前作までと違って、エンディング条件を満たした分だけ選択肢が増える感じなのかな?
狙ったエンディングを見るために調整をしなくて良いのは嬉しいかも。

装備をちょっと強く出来たので、3週目はキースさんを狙ってみたいかも♪
部室探偵・・・?
氷菓の第19話『心当たりのある者は』を観ました♪


すごい!冒頭と最後以外、ずっと部室で奉太郎君とえるちゃん二人きりのままお話が進んでます!
もう本人達が何と言おうと恋人同士にしか見えません♪
えるちゃんが奉太郎君をお墓参りに誘ったのは、叔父さんの謎を解いたのが奉太郎君だったからというのが理由なんでしょうけれど・・・
誘うときの表情や奉太郎君だけ誘うところがもう、自分ともっと関わりを持って欲しいという心の内が見えちゃう気がします♪
えるちゃんは11,5話で奉太郎君の他に智志君や摩耶花ちゃんも特別だと言っていたけど、今は奉太郎君が別の意味で特別になってるのですね♪
「折木さんが自分を見つめ直したことがないからでしょう」という台詞は、奉太郎君の才能に対してなのかな。
奉太郎君が自分を見つめ直したら、もっと色々なことがすっきりするのにと思うと、何となく歯がゆいです。
二人きりの時に、こんなに色々な表情でいちゃいちゃ出来るようになってるのだし、えるちゃんも奉太郎君を意識しだしてるのだからあと一歩だと思うのですけど・・・

お話の内容は、奉太郎君が自分には才能はなく運が良かっただけ、という事を証明する為にえるちゃんと推理勝負をする、というものだったのですけど。
たった一本の校内放送からどんどん話が大きく転がっていって、場面は部室から動かないのにどれだけ進むのかどきどきしながら見られると言う、なんだか不思議な感覚で楽しめました。
奉太郎君とえるちゃんは、二人一緒ならどんな時でも退屈しなさそうだなあ・・・
最後に二人揃って何の勝負か忘れちゃって、翌日実は正解を導き出せたという2段落ちなのかな。

色んな表情でいちゃつく2人がとても可愛いお話でした♪


次回は『あきましておめでとう』
タイトルからして初詣なのですけど・・・お墓参りは!?
それに「あけまして」じゃなくて「あきまして」なのですね。
仕掛け箱か何かを開けるお話なのかなあ?
奉太郎君もそろそろ、自分にとってえるちゃんが特別な人だっていう事に気付いても良い頃ですし、次も楽しみです♪
[READ MORE...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。