プロフィール

狭く浅くゲームを遊んでいる人です。

猫ひげ

Author:猫ひげ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

シンプルアーカイブ

気まぐれねこ日記
猫ひげが遊んでいるゲームの事なんかを徒然と書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う、ううん・・・
帰宅途中でおもちゃ屋さんに寄って、PSVitaとトトリのアトリエを買って来ました。

帰ってきてから、とりあえずで起動させてちょっと遊んでみたのですけど・・・
画像がすごく綺麗でびっくりしました。
これで可愛いゲームとかが出たら嬉しいかも。
というか、これでロロナのアトリエをグラフィックやシステムを一新したリメイクで出して欲しいなあと思います。
肝心のトトリの内容ですが、さすがにPS3番とだいたい同じで、操作もアナログキーと○×ボタンのみ・・と思ったら、セーブ画面でだけタッチパネル方式でした。
何でここだけ・・・?(汗)
しかも特に画面上で指示は出ないので、最初はフリーズしたのかと勘違いしてました。


あと、本体設定していて思ったのですけど、ここまでして携帯ゲーム機をネットにつなげるのなら、スマホを買った方が早いような(汗)
ソフトもメモリも小さいカード型なのは良いのですけど、出し入れの蓋が強そうじゃないので、壊れないかちょっと心配かも。
せっかく買ったので、今後は面白そうなゲームが出ると良いなあ・・・
スポンサーサイト
女の子と戦車の6
『ガールズ&パンツァー』の6話を観ました。
5話からの続きで、一回戦の後半から冷泉さんの家族のさわり、強豪高の一回戦の結果、という流れでした。


試合中盤のサンダース大付属フラッグ車との追いかけっこが、何だか面白かったです。
途中で立場が逆転したり、サンダース大付属の後続車も交えての多重追いかけっこになるくだりが、追いかけっこコントのツボを抑えつつ緊迫感が出ていてちょっと楽しかったです。
西住さんが、追い込まれてる状況で「今がチャンス」と表現するのは上手いなあと思いました。
確かにここが敵に勝つ最後のチャンスでしたけど、あくまで前向きな言い方をするのは流石隊長かも。
戦車の揺れをものともしない沙織ちゃんのメール捌きと、照準の時の華ちゃん独特の集中法が可愛かったかも。
目標地点到達からの照準は、前々回の放課後特訓が生かされているのですね。凄いなあ。
試合後にサンダース大付属の隊長が「これは戦争じゃなくて戦車道だから」と言ってたけれど、うーん・・・
この先「勝てば良いんだよ」みたいな学校も出てくるのかなあ?
追いかけっこの時、サンダース大付属の人が大洗に「さっさと廃校になってしまえば良い」と言っていたのですけど、もしかしたら大洗は戦車道で優勝しないと廃校、とか言われてるのかなあ・・・?
自分達が知らないのに他校の生徒が知ってるというのも変な話ですけど(汗)


冷泉さんのお婆さんが倒れたという報せを受けた時に、さりげなくその場に居合わせてた西住姉は、実は妹さんを気に掛けてたのかな、とも思えました。
見返すと、西住さんを悪く言うのは副官さんの方だったので、姉の方は純粋に心配してるのかも?


最後にちょこっと出ていた強豪高の戦車は、いかにも強そうでしたけど・・・どんな戦車なのかな?
次回も楽しみです。
でくのぼう
『のぼうの城』を観てきました。

どんなのかなあと予備知識無しで見に行ったのですけど、楽しかったです♪
ネタバレに気をつけてるつもりの感想は追記に・・・


[READ MORE...]
むむむむ・・・
Gジェネレーションオーバーワールドで、ターンエーガンダムに黒歴史バージョンがあるという話を聞いたのですが・・・
どうやって作るのか判らないです(汗)
能力解放のターンエーからもターンXからも行けないし、二体揃っていても設計出来ない・・・
これは別のユニットが必要なのかなあ?

いまは開発や設計で新しいユニット探しが楽しいですけど、そろそろ戦闘がきつくなって来たので、戦力になるユニットやキャラも育てないとなあ。
ウッソ君とグラハムさん以外には誰が良いか、悩み中です。
魔法少女の漫画
今週の『ガールズ&パンツァー』の5.5話は総集編でした。
西住さんが友達以外の戦車道部の人達の名前を言うのって、何気にこれが番組初かも?
総集編だけあって、本当にざっくりストーリーの説明をするだけだったのですけど、大洗女子の使う戦車の解説がちょっと面白くて為になった気がします。
わたし的には、お気に入りの華ちゃんと沙織ちゃんの喋りが無くてちょっとがっかりでした。



その代わりではないのですけど、『魔法少女まどかマギカ アンソロジーコミック(3)』を買って来ました。
色んな作者さんがパロディ漫画を描いてる本・・・と言えば良いのかなあ?
どれも作者さんの個性が出ていて面白いのですけど、特にカバー下のヒゲ先生の漫画はアイディア勝ち、という感じで楽しいです♪
あと、竹本泉先生の描かれた漫画の冒頭が凄いです。
たった数行の簡単な言葉だけで、本編を知ってる人達には、ほむらちゃんがどういう状態なのかを説明してしまえてるという・・・読んでいて何だか不思議な感覚でした。

色々な作者さんが描いてるので好みが分かれそうですけど、私にはかなり面白い本でした♪
エヴァンゲリオンのQ
劇場版エヴァンゲリオンのQを観てきました。

同時上映の『巨神兵東京に現る』は先に特撮博物館で上映されてた短編らしいのですけど、博物館へ行ってきた人にとても好評らしかったので、見るのがすっごく楽しみでした♪

ネタバレには気をつけてるつもりの感想は追記に・・・


[READ MORE...]
た、高い・・・
今月末に、PlayStation Vitaでトトリのアトリエが出ると知ったので、ゲーム屋さんへ寄ってみたのですけど・・・
本体がすっごく高いです(汗)
試算したら、本体とゲームと諸々全部をあわせて、4万弱も掛かります。
あんな小ぶりな機械なのに、PS3より高い!
しかも別途に通信費も掛かるとか・・・
お店の人も良く判らないらしくて説明がいまひとつ要領を得なかったのですけど、トトリのアトリエだけ遊べれば良いかなあと割り切っ・・・
切ってしまうには、大きすぎるお金です(汗)
周りにVitaを持ってる人も居ないので、遊べるかどうかも不明ですし・・・
ちょっと悩みどころです。

わたし的には、ロロナのアトリエをトトリやメルル風にリメイクしてくれれば絶対購入するのですけど・・・
女の子と戦車の5
『ガールズ&パンツァー』の第五話を見ました。
沙織ちゃんは勿論ですけど、華ちゃんも可愛いなあ・・・
華ちゃん一人だけ学生鞄なのがらしいなあ、と思います。


今回は喫茶店での会話、秋山さんの偵察、全国大会の一回戦途中まで、という流れでした。

mrtkさんの所で指摘されてた通り、前回の抽選で大洗高と当たって「やったー」と歓声を上げてたのがサンダース高だったみたいです。
強豪高が弱い所と当たって喜ぶって何か変だなあと思ったのですけど、喫茶店での西住姉のお付の人の発言で何となく判りました。
毎年参加高の面子が殆ど変わらないなら、珍しく新参で明らかに弱い大洗高校と当たるのは幸運な事なんですね。

その他にはちょこちょこと戦車道のルールが出てました。
一回戦は戦車は10両までとか、弾数が決まっているとか・・・車両を増やすと弾切れが早まる、っていう事かなあ?
その割にはサンダース高は気前良く撃ってたのですけど・・・大丈夫なのかなあ。

「試合前の偵察行為は認められている」というのは多分、秋山さんがやった潜入調査じゃなくてもうちょっと合法的な物を指してると思うのですけど(汗)
通信傍受が違反じゃない、から携帯での連絡に切り替える流れがちょっと面白かったです。
沙織ちゃん得意のメールの早打ちが活かされてるのですね。
それにしても・・・暗号化で秘匿されてるのが強みの軍用無線が簡単に傍受されるって、ちょっと切ないかも。


来週は5.5話で、6話は再来週の放送になるそうです。
公式サイトによると、そのぶん最終回だけ時間をずらして放送されるそうなので、忘れないよう気をつけないと見逃すのが怖いかも。


[READ MORE...]
リンカーンの副業?
『リンカーン/秘密の書』を見てきました。
面白かった・・・けど、実際のリンカーンのことやアメリカの歴史を知ってたら楽しめたかも、という気はしました。


ネタばれ気味の感想は追記に・・・

[READ MORE...]
まらそん大会♪
ようやく古典部シリーズの5冊目、『ふたりの距離の概算』を読みました♪

英語タイトルは「It walks by past」
う、ううん・・・翻訳によると、過去を歩く、と訳するそうです。
内容はマラソン大会中に奉太郎君が事件についての経緯を思い出しながら推理する、というものなので、何となく納得・・・するのですけど、歩いちゃ駄目ですよ奉太郎君!


[READ MORE...]
女の子と戦車の4
『ガールズ&パンツァー』の4話目を見ました。
今回も武部さんが可愛かった♪


いまさら知ったのですけど、監督の水島さんって『じょしらく』や『呼んでますよアザゼルさん』も手がけた人だそうです。
何だかこの作品とギャップが・・・と思ったのですけど、この回のあんこう音頭を見て何となく納得できた気がします。


今回は練習試合、観光(?)と五十鈴さんの実家話、大会の抽選、という流れでした。

試合を見ていて何となく思ったのですけど、戦車道のルールって結構ブルジョア有利じゃあ・・・
試合中にバレー部の人達が乗った戦車が、相手の後ろを取って至近距離から砲撃したけど通用しない、っていう戦車の性能差が一目で判るシーンがあったのですけど、これって「同じレギュレーション内でも、どうしようもない性能差がある」という事なのですよね。
だったら「資金に物を言わせて強い戦車を集めれば勝てる」という風になるんじゃあ・・・と思うのですけど。
その辺りはどういう扱いになってるのかなあ?
相手チームの「紅茶を零さない」発言は、ちょうど同じ週に『ジョジョの奇妙な冒険』でやっていた「ワインを零さず戦闘に勝て」という話と被っていて、ちょっと面白かったです。
もしかしたらその紅茶は戦車探知機・・・とまでは行かなくて残念かも。

五十鈴さんの実家話は、華道の家の子が戦車道というのは・・・と母親が反対する話、だったのかなあ?
試合がお祭りムードな感じだったので、凄く拒否反応を起す母親にちょっと違和感・・・と思ったのですけど、娘には危ない事はさせたくない、っていう意味なのかなあ。
涙もろい新三郎さんがちょっと可愛かったです♪


大会の抽選では、さっそく強豪と当たるというお約束でした。
生徒会の河嶋さんが「我々は勝たなければ・・」と言ってたのですけど、どう見ても勝つ努力が微妙というか・・・
今頃思わせぶりな発言をするぐらいなら、せめて普通に攻撃が通用する戦車を揃えるべきだと思うのですけど(汗)

次回はどうなるのかなあ?
う、ううん?
魔法少女まどかマギカのPSPゲームがお店に置いてあったので、買って来ました♪
こういうのは、アニメと違う結末もあるのがお約束なので楽しみです♪



[READ MORE...]
ぼーっと
今日は奉太郎君とえるちゃんの二人が、部室でいちゃらぶしながら推理する日♪


相方さんが観てたアニメを横でぼーっと観てました。
『ToLoveるダークネス』と『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』という、どっちもいわゆるハーレム系アニメ、なのかなあ?
ToLoveるダークネスの方は、女の子のうちの一人が男の子にハーレムを作らせようと色々陰謀をめぐらせるという、ちょっと変化球っぽい設定が面白いかも。
女の子は可愛いけど、男の子がひ弱っぽくてちょっと好みじゃないかなあ・・・

お兄ちゃんだけど~ は、女子寮の管理人のお兄さんと妹さんや寮に住む人達のラブコメ、なのですけれど、凄くブレない常識人のお兄さんと、変な方向に積極的な妹さんとのやり取りがコントみたいで凄く面白いです。
じょしらくみたいに、お兄さんと妹さんの会話だけで30分お話をやってくれれば良いのに・・・


どっちも男の子率低いなあ・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。