プロフィール

狭く浅くゲームを遊んでいる人です。

猫ひげ

Author:猫ひげ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

シンプルアーカイブ

気まぐれねこ日記
猫ひげが遊んでいるゲームの事なんかを徒然と書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんだむ♪
『ガンダムビルドファイターズ』の最終回を観ました♪
素敵でした・・・
宇宙要塞での決戦、ライバルとの決着(未遂?)、親友との別れと、これでもかというぐらい詰め込んだ最終回でした。
毎回すごい密度のアニメだなあ、と思います。

やっぱりガンダムのバトルは集団戦が燃えるなあ、と思います。
師匠のマスターガンダムや、ラルさんのグフはなるほどって思いましたけど、マオ君のクロスボーン魔王は・・・まさかお腹のドクロががばっと口を開いて、そこからサテライトキャノンとは!
マオ君って、X好きなのか火力好きなのか、どっちなのでしょう?
そういえば、お父さんの乗ってたごついガンダムって何なのかなあ?

マシタ会長が消えてしまう時のベイカーさんの表情と行動は、やっぱり二人はらぶらぶだったのだなあ、とほわほわでした。
身元不明の人と一緒に起業して大成功するぐらいの才覚があるのだから、二人ならアリアンへ行っても大丈夫そうです。
レイジとアイラも無効の世界で無事らぶらぶになれれば良いなあ。
ニルス君とキャロちゃんはもう結婚も秒読みっぽい雰囲気でしたし、セイ君と委員長もすっかり夫婦という感じですし、とても素敵なラストでした♪


満足な最終回でしたけれど・・・続編も見てみたいなあ。
スポンサーサイト
おりおん
エリュシオンで酒井さんが参加していた、佐嶋ちよみMSの『オリオンの十字架』のリプレイが完成してました。
街で暴れている巨大蠍と巨大兎を退治する、という依頼だったのですけれど・・・
何だか、酒井さんだけ地味な囮方法で敵を誘き寄せてました(汗)
ルインズブレイドには、それっぽいスキルが無いのがちょっと残念です。
あと、なかなか強敵だったようで、酒井さんはかなり怪我をしてしまいました。
戦闘依頼だと、毎回怪我をしているイメージがあるのですけれど・・・防御力と回避がいまいちなせいもあるのかなあ。

描写の内容と判定は成功だったので、街の人達はみんな無事だったみたいで何よりです。
次に戦う時はもっと防御に気を使いたいかも。
キルラキル
最終回を観終わりました。
お話がきちんと畳まれていて勢いもテンポも良くて、最後まで楽しかったです♪
最後の衛星軌道から落ちてくる流子をみんなで受け止めるとか、普通に考えると無茶な事も、勢いで納得させられてしまうのはちょっと凄いかも。
鮮血が死んでしまったのは残念ですけれど、本人も「セーラー服は卒業するものだ」と言っていたので、これはこれで収まった、のかなあ。
後日談で、可愛い服を流子ではなく皐月が着ていた、というのも意外で面白かったです。
それとも、あのボーイッシュな衣装が流子なりのおしゃれなのか、それともあの後可愛い服を買いに行くのかなあ・・・?
蒲郡先輩とマコのその後が無かったのはちょっと残念でしたけれど、姉妹が仲良さそうな終わり方でほっとしたかも♪
魔女の12
『ウィッチクラフトワークス』の第12話を観ました。
メデューサが逃げたままとか、多華宮君や火々里さんの消された記憶の事とか、疑問が残ったままなのがちょっと残念かも。

幕間のウサギとクマの友情には、ちょっとほろりと来ました。
あそこは霞ちゃんに信じてあげて欲しかったけれど、耳の人の日ごろの行いが残念過ぎなので仕方がないでしょうか。

ウィークエンドとの対決では、「あそこで多華宮君を刺殺しても駄目なのかなあ?」とちょっと疑問でした。
倒れた多華宮君を見逃したのは彼女の矜持の問題なのか、それとも白姫の力を奪うには決まった方法でないといけないのか、よく分らないです。
その後に多華宮君が火々里さんを助ける為のキスを拒んだのも残念でした。
というか、好きな人を助ける為なら恥ずかしさを乗り越える位して欲しかったかも。
頬にキスで石化が解けた、という前例があったのが良くなかったのかなあ。

最後にはめでたしめでたし・・・ではないけれど、一応普段の生活に戻れて一安心、かな?
魔力切れを狙っていても、襲うのは正面から正々堂々、というのが、何ともKMM団らしいかも。


二人にはもうちょっとらぶらぶして欲しかったけれど、満足な最終回でした♪
かーどげーむ
『Wizard's Soul 恋の聖戦』という漫画を読みました。
カードゲームが流行していて、カードでお仕事が出来るぐらいメジャーな世界のお話、という事は、遊戯王みたいな世界な観なのかな?
父親が作った借金返済の為、娘がカードゲームで戦う、というのもカードゲーム漫画には珍しく悲壮感があるのですけれど。
その借金の理由が、賭けカードでの負けと詐欺に引っかかったため、というのが・・・
詐欺は騙された被害者なので仕方がないとしても、賭けカードだけでも結構な借金を作って娘に負担をかけているのに、懲りずに今まで続けていたというのが酷いかも。
大人なのだから、もうちょっと三人の子持ちという自覚を持ってほしいです。

主人公はパーミッションとかコントロール系デッキの使い手で、本気で勝とうとすると嫌われる戦い方しか出来ない、というプレイヤーなのが、ちょっとううん?となります。
ゲームにもよりますけれど、私は小物をたくさん出して速攻で殴り倒すか、火力満載でひたすら魔法攻撃、という、序盤で殴り切れなければどんな相手にも負けるデッキをよく使うので、主人公みたいな戦い方をする人にはあんまり苦手意識は無いのですが・・・
この世界では、パーミッションは警戒されてないのかなあ?


1巻目では大会が始まった所なので、次の巻は大会終わるところまで行くのかなあ?
次巻が楽しみです。
学生バージョン
『遊戯王タッグフォース6』で、アカデミア学生バージョンの十六夜アキルートを攻略しているのですけれど・・・
アキが同性にモテモテです。
いまハート3のイベントなのですけど、いまのところ全部、アキが他の学生に言い寄られてるのばかりで・・・
これって、最後はどうなるのかなあ(汗)

デッキの方はサイキック族のデッキで、墓地や除外スペースを使って展開する、ちょっと使うのが難しい感じ、かなあ。
フィールド魔法の王家の眠る墓みたいな墓地操作の妨害魔法や、モンスターの能力を無効にするカードを張られると、とたんに動きようが無くなるのが困り者かも。
ううん、これはちょっと考えないとです。
さいしゅうかい
いくつかのアニメを最終回まで観ました。

『そにアニ』は、すーぱーそに子という人の日常アニメ、かな?
一応バンドやグラビアアイドル活動もしていましたけど、基本一人だけにスポットを当てる日常アニメ、というのはちょっと珍しい気がします。
猫がデフォルメされ過ぎていて、いまいち可愛くなかったのがちょっと残念でした。


『いなりこんこん恋いろは』は、京都が舞台の神様変身もの・・・?
この原作者さんが、以前氷菓のコミカライズをしていたらしいのですけれど、どんな漫画だったのでしょう・・・見てみたいなあ。
今期もいろいろ男性向けお色気アニメがありましたけど、一番色っぽいのはうか様だと思います。
最後に話が綺麗にまとまった気がするのですけれど、うか様といなりのお兄さんの仲はもっと進展して欲しかったかも。



後番組はどんなのか、楽しみです。
がんだむ♪
『ガンダムビルドファイターズ』の第24話を観ました♪
名人との決戦!なのですけれど、会長の陰謀で名人は操られ、エクシアは何か黒い色に・・・
決着後に塗装が剥がれてましたけど、この黒色は格好つけではなくエンボディシステムに機体が対応する為なのかな?

会長の正体が実は泥棒で、異世界で巨大結晶を持ち逃げしてこちらの世界へ逃げていた、というのには驚きでしたけど、秘書さんが身寄りのない会長と手を組んでここまで成り上がった相棒、というのにも驚きでした。
あの甘やかし方はただの雇われでは無いと思ってましたけど、実は共同経営者的な立場だったとは・・・もしかしたら愛情込みの関係なのかなあ?

最後にごついステージが登場していて、ア・バオア・クーっぽいのですけど、次回は会長との決戦なのでしょうか。
そろそろ最終回かと思うと、何だか寂しい様な、どの様に盛り上がるか楽しみなような・・・
征服の10
『世界征服 謀略のズヴィズダー』の第10話を観ました。
実は日本が戦国時代っぽい感じで、西ウド川区が競合地帯だった・・・という設定なのかなあ(汗)
そういう世界観なら、警報が出てすぐシャッターが閉まった第1話の反応はすごく納得が行くのですけれど、今更設定を開示されても・・・
ううん、お話自体はとても面白かったですし、ヤスの裏切りで壊滅していくズヴィズダーの面々にははらはらですけれど、世界の流れにちょっと戸惑ってしまって困ったかも。

次回はどうなるのかなあ・・・
強力爆弾
『新ロロナのアトリエ』で、ようやく鉱山の岩を壊す爆弾が作れました。カタコンベの倒れた柱や、旅人の街道の岩も壊せたので、これでだいたい大丈夫なのかなあ。
途中で破壊力増加の特性の有無は、岩を壊すのに関係ないみたいと気付いて、ちょっとがっかりしましたけど・・・

エスティさんの所で品質の高い樹氷石を引換券で貰ってすごいレヘルンを調合して、それを素材に作ったふくろ爆弾で壊せました。
同じぐらいの品質でも、「うにのつまった」では壊せなくて「とげ」だと破壊出来たので、品質や特性ではなく「~のつまった」の項目がとげだと壊せる、のかなあ?

これって、手間がかかるので登録しておきたいのですけれど、爆弾は量販店登録出来ないのかなあ・・・?

料理もの?
『甘々と稲妻』という漫画を買ってみました。
妻を亡くした学校の教師が育児に奮闘する・・・のを、奇妙な縁で知り合った生徒も一緒に食事作りをする、という、ちょっと変わった設定、かなあ。
先生と生徒のほんわかした関係が可愛くてにまにまです♪
生徒が先生の事を意識し出してからは、友達が指摘したように、その関係を大事にしてるのだなあ、と思うととても可愛らしいです。
先生の方はあんまり意識してないのかなあ。先生と生徒という関係上、常に一線を引いてる感じがもどかしいかも。

二人の仲がハッピーエンドになると嬉しいのですけど、ちょっと先の展開が読めなくてもどかしいです。
これは続きが楽しみな漫画かも。
魔女の11
『ウィッチクラフトワークス』の第11話を観ました♪

今回のお話は、寝込んだ多華宮君の夢と、火々里さんとウィークエンドの決戦、そこに駆けつける多華宮君、という流れかなあ。
敵の強さがただ強いというだけでなく、「長期間下準備をしてたから」と理由付けされてるのって、アニメではちょっと珍しい気がします。
彼氏のYシャツを着てパワーアップするヒロイン、というのも相当珍しいですけど・・・
多華宮君が来た事で形勢逆転しましたけれど、まだひと波乱ありそう、かも?

霞ちゃんのクマプロレスも面白かったです♪
敵が相手の力を模倣する魔法の使い手なら、KMM団5人が加勢すれば普通に力押しで勝てるんじゃあ・・・と思うのですけれど、そう考えられないのが彼女たちですよね。
間一髪でメデューサが助けたから良かったものの・・・役立たずなのも、ちょっと考えものかも。
最後に4人がメデューサに連れて行かれてしまいましたけれど、再登場はするのかなあ?

次回も楽しみです♪
のうりん
このアニメ、ベッキーがはっちゃけている回は面白いけれど農業関係ないなあ、という感じで、農業について語る回は為になるけれど、べつにこのアニメで見なくてもEテレで見られるんじゃないかなあ、という感じで・・・
どっちのエピソードも一長一短で、いまいち私の好みではなかったのですけれど、今回の野菜販売対決は私でも普通に面白く見られたかも。
美味しんぼやミスター味っ子といったグルメアニメを色々混ぜてきてるせいか、きちんと親子の対決が描かれていて、それでいて品種改良された野菜が必ずしも悪いわけでは無い、という説教が勝負の決め手になってるのも分り易くて良かったです。
「プロが普通に作った野菜が、学生が片手間に作った野菜に負ける訳は無い」というお父さんの台詞はもっともなのですけれど、良く考えると大人げが無いなあ。
ま、まあ本人たちが納得しているなら良いのかなあ(汗)

あとりえ
『新ロロナのアトリエ』で、鉱山にある壊せそうな岩をなかなか破壊できません・・・
弱い爆弾をたくさん持って行けば壊せる、というパターンなら力付くで行けるのですけれど、威力の強い爆弾を持って行かないと壊せないので、それを調合するのが一苦労・・・してもなかなか出来上がりません(汗)
ええと、こういうのって品質が高ければ良いのか、威力の強い種類の爆弾が必要なのか、どっちなのだろうなあ。
今は、ふくろ爆弾を調合して、それを品質の高い素材と一緒にもう一度ふくろ爆弾を調合して・・・という風にして、威力を高められないか試している所ですけれど、なかなか気の長い作業になってます。

旧と新では、似たようなところと違う所がいろいろあって、ちょっと難しいかも。
がんだむ♪
『ガンダムビルドファイターズ』の第23話を観ました♪

す、すごい・・・モブの中にいろんな人が!
私が判っただけでも、ハマーンとミネバや、ウッソ親子、カツレツキッカ・・・う、ううん。全部わかった人、居るのだろうなあ。

マオ君がミサキと仲直りしていてほっとしました。
最近の彼は不幸続きでしたから・・・
X魔王を修復するのではなく、ドクロ付の新しいガンプラを作っていましたけれど、今後試合をする機会はあるのかなあ?

サザキ君は順調にギャンをパワーアップさせているなあ、と思いますけれど、どんどん遠距離機っぽくなっていて、接近戦向きではなくなっている気が(汗)

フェリーニさんのもあちこち変わっているみたいですけど、あんまり印象は変わらない気が・・・キララのガーベラといちゃいちゃしてるシーンは微笑ましかったです(笑)

委員長とアイラもすっかり仲良くなって、一緒にガンプラを作ったりしてほわほわでした♪
これは何というガンプラだろう・・・?

最後の決勝戦では、名人のガンプラが準決勝時から一転、真っ黒っぽくなってましたけれど・・・
もしかして、洗脳されたっぽい展開なのかなあ。
地下でプラフスキー粒子の秘密を目撃したニルス君とキャロちゃんもピンチそうですし、次回は一気にシリアス話になりそうです。
次週が待ち遠しいかも。
ろすとでいず
『ロストデイズ』を最終回まで観ました。

う、ううん・・・なんというか、思ってたのと随分違う結末になったなあ・・・


[READ MORE...]
はやい
『遊戯王タッグフォース6』で組んでいたバーン風デッキですけれど、ようやく手に入れた悪夢の拷問部屋を三枚入れる事が出来ました。
試しに原麗華さんとタッグを組んで戦ってみると、10ターンどころか5ターン前後で相手を倒すか、その前に殴り倒される感じの動きになるのですけれど・・・
ミラーフォースがいまいちあぶれ気味、かなあ。
もしもの対策は光の護封剣だけで良いかも、という感じです。
ううん、でも外してしまうのは、ちょっと思い切りよすぎかなあ?
ばーん
『遊戯王タッグフォース6』で、ふとバーンデッキを組めないかと思って挑戦してみたのですけれど・・・
なかなか必須カードが足りなくて、なんちゃって風にしか組めないデッキが、タッグ戦だとなかなか強いです。
タッグ相手の手番でも、不思議な使い方をされないので安心して伏せカードをセットできますし・・・敵にダメージを与えるカードばかりなので、コンピューターにも使いやすいのが強み、なのかなあ。

もう少しカードが集まったら、シングル戦でも戦えそうなデッキになるので楽しみです。
魔女の10
『ウィッチクラフトワークス』の第10話を観ました♪
サブタイトルが『多華宮君とウィークエンド・前編』で、次回が中編とあったので、このエピソードは3話かけてやるみたいです。

今度の敵は爆弾使いの魔女なのかな?
魔法の爆弾自体はファンシーなデザインでしたけれど、人質に爆弾を付けるというのはけっこうえぐい手法かも。
普通の爆弾も使っていたので、爆発するものを使うのが好き、という可能性もありそうですけれど。
重要拠点に手勢を送っていたりして、下調べもばっちりやっていそうですし、いままでの塔の魔女とは違う感じかも。

たんぽぽ達はすっかり霞の手下状態ですけれど、割と似合ってるかも。
めずらしく活躍してましたし・・・この調子でちゃんとした仲間になれば良いのに。

ウィークエンドには逃げられてましたし、このまま決着、とはいかなさそうなのかな。
次回も楽しみです♪
いやー!?
OMCのバレンタイン特別商品なのですけれど・・・
この『アイコン付メッセージカード』って、相手のOMC納品欄に表示されてしまうのですね。
知らずにお世話になっている人へ送ってしまったので、何だかすごい晒し者になってる気分で恥ずかしいです(照)
ううう・・・こういうのは、発注項目の所に一言注意書きを添えて欲しいかも。
こつこつ
『遊戯王タッグフォース6』で、ようやくアキに続いてカーリーをクリアしました。
当時も苦労しましたけれど、今回も大変でした・・・
デッキは占い魔女合わせが出来なかったので、魔力カウンターを積むカードを沢山展開して、マジックテンペスターをシンクロ召喚しての効果ダメージ狙い、という形に落ち着きました。
魔法都市エンディミオンがもったいなかったので、いちおう神聖魔道王エンディミオンも入れてましたけれど、あんまり役には立たなかった、かなあ。
アーカナイトマジシャンの方が使い易かった感じです。
やっぱりコンピューターのプレイングは独特過ぎてはらはらしましたけれど、最後まで行けてほっとしました。

次は誰が仲間になってくれるかなあ。
ほとんどのキャラが不機嫌になってるので、またご機嫌取りから始めないと・・・(汗)
がんだむ♪
『ガンダムビルドファイターズ』の第22話を観ました♪
前半のらぶらぶ展開が!もう可愛いです♪
レイジの所へ押しかけちゃうアイラの行動力も可愛いし、委員長の表情がころころ変わるのも可愛いし、レイジへの恋心を指摘されたアイラがあわあわするのも可愛くて、ずっとほわほわでした♪
気になったのは、アイラに居候させてと言われたレイジが「無理」と言ってた事かなあ。
こちらの世界の人はアリアンへは行けないのなら、会長はどうやって幼いころのレイジに会っていたのでしょう?
もしかしたら、こちらから異世界へ行く装置がガンプラバトルシステムの製造工場にあったりするのでしょうか・・・


後半のバトルは、F91とエクシアの高速移動勝負ですごく燃えました。
F91の残像とかエクシアのトランザムとか、いろんな装置が見られてほっこりです♪
前半でやられ役になってしまったマオ君は可哀想でしたけれど、X魔王とF91では相性が悪かったのかも。


アイラもセイ君の家へ居候が決まりましたし、次回も楽しみです♪
くりあ♪
『影牢 ダークサイドプリンセス』を遂にクリアしました♪
ラスボスのフリーゼがすごく強くて苦労しましたけれど・・・
クマデから罠を繋げていく方法でどうにかこうにかと、最後は発動したまま転がっていた鉄球に自分から引っかかって火柱へふき飛んで行き、落ちて来たところにたまたま設置してあった三角木馬でトドメ、という形で決着となったので、あんまり自力で倒した感じはしないかなあ・・・(汗)

エンディングは、復活した魔神と主人公達で世界を統治しました、というダークエンドみたいな雰囲気の〆でした。
幾つかのエンディングがあるらしいのですけれど、何処で分岐してるのでしょう・・・敵の倒しかたやノルマ達成みたいな形ですと、あんまりやれる気がしないです(汗)

コツは何となくわかってきたので、二週目からはもうちょっとスムーズにできると良いなあ。
次はアーマーブレイクや捕獲を狙って、やってみたいと思います。
アニメ化!
『エスカ&ロジーのアトリエ』のアニメの放送日時が、公式サイトで公開されていました♪
トップ絵が女性集合イラストみたいなのですけれど、スレイアさんだけ居ない・・・(汗)
ニオはともかくカトラまで居るのに、何でなのでしょう。
年齢制限でいったら、マリオンさんも引っかかりそうなのに・・・

放送局を確認したら、どうにかこちらでも見られるみたいで、ほっと一安心です。
ゲームのストーリーをそのままなぞるのか、アニメオリジナルで行くのかは分りませんけれど、絵は可愛らしそうですし、今から楽しみです♪
罠わな
『影牢 ダークサイドプリンセス』で、ようやくゼノを倒して、ビクトルと戦っています。けれど・・・
罠が壊される!
どうやら範囲攻撃(?)っぽいのですけれど、ビクトルが足を踏み鳴らすと、周囲に仕掛けてある罠が消えてしまいます。
おまけに気弾みたいなのを飛ばして来るし・・・どうしても罠まで誘き寄せられず、何度もやられてしまいます。
ビクトルが出てくるまでにも苦戦しているので、残り体力が少ない状態で戦わなければならないのも原因かも。
話の流れ的に、そろそろ終盤みたいなので仕方がないのですけれど、強敵ばかりでちょっと疲れてきます。
ううん、本当に三人のお付きが手伝ってくれないかなあ。
魔女の9
『ウィッチクラフトワークス』の第9話を観ました♪
最初の、寝てる多華宮君に小説を読み聞かせてるのは、睡眠学習か何かなのかなあ。
これも何かの本に書いてあった男の人にモテる術なのでしょうか。

今回は多華宮君の修行と、新たな塔の魔女のお話でした。
いままで出て来た塔の魔女たちを動かしていた、という事は、この人が黒幕なのかな?
見た目だけだとメデューサの方が黒幕っぽいですけど、街のあちこちに爆弾を仕掛けたりして、頭脳派っぽい感じです。
この人との戦いがクライマックスになるのかなあ。
この手の人って、真っ向から戦わなさそうなイメージですけれど。

前半の修行シーンは、どうしても甘くなる火々里さんも面白かったですけど、KMM団の5人も相変わらずで良かったです。
この人達、いつか活躍する日が来るのでしょうか・・・このままでも、これはこれで良さそうな気はしますけれど。


次回は、火々里さんと多華宮君が反撃に出るのかなあ?
楽しみです♪
タッグフォース
息抜きにやり直している遊戯王タッグフォース6で、ようやく十六夜アキのデッキが編集できるようになりました。
使えないカードを抜いて、ミラーフォースや砂塵の大竜巻を入れるだけでも随分安定するようになった気がします。
主人公のデッキも植物族メインにして、ローンファイアブロッサムからギガプラントを引っ張ってくる感じにすると、勝率が格段に上がった気がします。
どちらかというと、氷帝メビウスで相手の伏せカードを踏み潰して攻撃、という動きの方が多い気がしますけれど・・・(汗)
アキのパートナーパックを買っていたら、サイキック族のカードがずいぶん多くなったので、アキルートをクリアしたらサイキック族でデッキを組んでみようかなあ。
たくさんの罠なのに・・・
『影牢 ダークサイドプリンセス』で、何度もリトライしてようやく遊園地ステージまで来ました。
使用できる罠はけっこう増えましたけれど、もっぱらクマデとギルティトラップで敵を固定してからスプリングフロアで敵を飛ばして、振り子の刃か岩でフィニッシュ、というパターンしか使ってません(汗)
敵の耐性は何とか出来るようになりましたけど、ワンパターンの攻撃なので無効はやっぱり慣れないです・・・
あと、どうしても罠を発動するとき、自分も巻き込まれることが多いです。
これは慣れの問題かなあ・・・敵との距離をもっと測れるようにしないとです。
他の罠も使えるようにならないとなあ。
がんだむ♪
『ガンダムビルドファイターズ』の第21話を観ました♪
今回はレイジとアイラの対決と和解、かな。
アイラはニュータイプっぽい才能があったのを、あの衣装で強化していたのですね。
変な薬とかじゃなくて良かった・・・

前半で思い悩む二人が、セイ君と委員長が手を回して届けた球で通じ合う、という流れはおおっとなりました。
あの球は一話と二話でちょっと語られただけなので、半分以上忘れかけてるのですけれど(汗)
透明ビットを塗料付バルカンで見えるようにする、というアイディアは、CTSの光学迷彩対策を思い出して、ちょっと懐かしかったかも。
そこからパーサーカーシステムの発動で緊迫したところに心の光でお互い分り合って、その落ちが全世界に中継されてる場所で殴り合いの痴話喧嘩、というのも、かなりの落差があって中々凄いです。
もしかしてビルドストライクの世界大会戦績って、半分ぐらい殴り合いの決着じゃないのかなあ・・・
なんだかGガンダムの機体がベースの方が良かったのでは(汗)

レイジとアイラも元の仲良しに戻ったし、セイ君と委員長はもうすっかり夫婦だし、後はマオとミサキさんの仲が良くなれば解決、なのかなあ。


次回も楽しみです♪
三月
早くも三月で、どのアニメも終盤に差し掛かって・・・るのかなあ。
ズヴィズダーとか桜Trickって、終わりそうなのかどうなのか、いまいち分らないです(汗)
バディコンプレックスもお話の終り方が想像つきませんし、12話以上続けるのかなあ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。