プロフィール

狭く浅くゲームを遊んでいる人です。

猫ひげ

Author:猫ひげ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

シンプルアーカイブ

気まぐれねこ日記
猫ひげが遊んでいるゲームの事なんかを徒然と書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひつぎの8
『棺姫のチャイカ』の第8話「気やすめの帝国」を観ました♪
ネオガズ帝国の建国を目指す人達のお話、で良いのかなあ・・・遺体や英雄の話は出て来なくて、息抜き回、という感じでした。
今回出て来たチャイカは完全な偽物で、帝国の人達もどちらかというと盗賊という、とても分り易い感じだったのですけれど、こういう偽物と本物がばったり会うパターンは水戸黄門でよくあったので、ちょっと懐かしかったかも。
ちりめん問屋と違って、旅芸人はメンバー構成で言い訳が付けやすそうです。
ドラグーンの魔法は見た目が派手だから出し物にぴったり、というのも面白いです。

偽物チャイカは騙す気満々だけれども、本物チャイカは疑いもせずに信じてしまってるのがらしいというか・・・
偽チャイカが盗みに失敗して捕まっているのを救出したい、という所は、お人好し極まれりという感じでトールもやる気無しでしたけれど、何だかんだで付き合ってあげるのが優しいなあ。
偽物たちはこれから真っ当な生活に戻るのかなあ。そのままチャイカを名乗ってたら酷い目にあったかもなので、彼らにとってはこれが良かったのかも。


次回も楽しみです♪
スポンサーサイト
かみさま
『神々の悪戯』第8話を観ました。
バルドルさんのヤンデレから始まって、ロキとバルドルさんの両手に花で終わり・・・って、何だか凄いかも。
草薙さんモテモテです・・・トト神はいつ草薙さんにデレるのかなあ。
元の神話では殺伐とした関係だった気がするのですけれど・・・と思っていたら、最後にロキとトールが物騒な会話をしていました。
ううん・・・殺し合いは学園の目的にはそぐわないと思うのですけれど、これは学園のストーリーとは関係ないのかなあ?

どういう展開になるのか、次回が楽しみです。
にせこい
『ニセコイ』を最終回まで観ました。
鍵についてはふれられず、千棘との関係が一歩前進したような感じでおわり、という感じでしたけれど・・・
どんな状況でもスタンスを変えない橘さんは凄いなあ。
小野寺さんも立ち位置は変わりませんけれど、この子の場合は「三歩進んで三歩下がる」なので、ちょっとやきもきです。
押しの強い瑠璃ちゃんがサポートしてこれなのだから、彼女だけならもうどうにも為らなかっただろうなあ・・・(汗)

罵り合う楽と千棘の関係はいまひとつ好みではありませんでしたけれど、気弱な小野寺さんと押せ押せ瑠璃ちゃんのコンビや、気を回してるのか楽しんでるのか良く分らない集や、自分の好意にまっすぐな橘さんなど、好感の持てるキャラがたくさん居てとても楽しめました。

もし2期をやるなら、今度こそ鍵の謎は解いてほしいなあ、と思います。
[READ MORE...]
ブレイクブレイド
化石燃料が無い、とか石英を操る魔法で機械を動かしている、といった風変りな設定も面白いのですけれど、最近は主人公機の戦い方がちょっと驚きです。
主人公機のデルフィングは、元々その世界の現代技術と違う技術で作られたロボットなので、運動性も強度も桁違いなのですけれど、いまのところその機体を動かせる唯一のパイロットである主人公が素人同然な上に、動力が違うので銃器を扱うことが出来ない。
という状況で考えられた戦い方が、やたら重装甲にして全力で体当たり!
確かに当たり負けしないなら、これはかなり有効な手段だとは思いますけれど・・・スーパーロボット物の必殺技という訳でもなく、初手から普通に突撃体当たりする主人公機って、ちょっと珍しい気がします。
格好良く戦う役回りは、他のキャラクター達がやっていますし・・・

ここからどうお話が進むのかちょっと分りませんけれど、王様も敵になった友達も助かると良いなあ・・・
この後どうなるのか、楽しみです♪
みかくにん
『未確認で進行形』のブルーレイディスク第1巻を買ってきました♪
ブックレットは無い物の、映像特典が色々ついていてお得感が凄いかも。

温泉回は、確かにCMで紅緒が言ってた通りの温泉だったのですけれど、普段通りのUMA押しでした。
真白って怖がりなのに、何で怖そうな物が好きなのかなあ。
紅緒と真白の追いかけっこは凄かった・・・というか、真白に引けを取らない紅緒の運動能力が凄いです。

夜までみんなでぐっ、特別篇は、ネット放送でやってた番組の特別篇だそうです。
キャラの吹き出しに台詞をあてるコーナーとか、大喜利みたいな感じで結構楽しかったのと、みんなキャラが立っていて会話が面白かったかも。

とても楽しい映像特典でした。
まっしろわーるどのミュージックビデオも、ちょっと見てみたかったかも。
アトリエ♪
『シャリーのアトリエ』の発売日が延びてしまってしょんぼりです・・・
エスカ&ロジーのアトリエのBDは、それに合わせて発売日をずらしたのかなあ?


『エスカ&ロジーのアトリエ』の第7話を観ました♪
今回はリンカの秘密のエピソードでした。
リンカ級の食欲で「毎夜自分のツケで飲み食いされる」というのは、最も効果的な攻撃方法だなあ、と思います(笑)

何人も居て全員同じ顔、というと、最近では棺姫のチャイカがそんな感じでしたけれど・・・
チャイカも捕まった後はリンカみたいになる可能性もあるのかなあ。

黄昏シリーズでもトップクラスの戦闘力を誇るウィルベルとリンカの戦いがありましたけれど、やっぱり街中という事もあってか、ウィルベルはかぼちゃ爆弾を使いませんでした。
本気でやりあったらどっちが強いのか、ちょっと気になるかも・・・水入りになったのが残念です。

結局詳細は明かされませんでしたけれど、三女リンカも長女リンカも街を離れたみたいで、これで一件落着なのかなあ。
リンカの謎はゲームでもそんなに語られてませんでしたけれど、次回作で明かされたりするのでしょうか。


次回も楽しみです♪
雨女
『蟲師 続章』の第7話「日照る雨」を観ました。

雨女体質のテルさんのお話、かな。
農家にとって日照りも困るけれど、長雨も大変・・・ていうか、小さい頃の回想シーンだと冠水してますね(汗)
雨を降らせてしまう体質を逆手にとって、雨乞い業をするというのは逞しいなあ、と思ったのですけれど、定住できないのはやっぱり辛い事なのですね・・・
ギンコさんの言葉でちょっと前向きになったテルさんの笑顔にほっこりしました。

次回も楽しみです♪
棺の7
『棺姫のチャイカ』の第7話を観ました。
何気に今期で一番続きが楽しみなアニメかも。

今回は霧の出る谷に住む英雄と、トールの願望のお話、かな?
霧の中で幻覚を見ているトールが幸せそうなのが微笑ましいです。
やっぱり心の中ではチャイカとらぶらぶしたいのですね♪
それを見てる正気な3人のツッコミが切ないです・・・というか、こんなバカップルぶりを他人に見られるって、かなり恥ずかしいかも。
当のチャイカも満更でもない表情だったので、これはもしかしたらこういう展開もあり得るのかなあ、とちらっと思うのですけれど・・・トールはもっと女心を勉強するべきだと思います。
あ、でも幻覚が基本的にトールの思い描いた物だとしたら、恋愛ドラマ並の知識はあるのかなあ?

今回出て来た英雄のシモン・スカニアは、親しい人に裏切られたのが原因で人嫌いな世捨て人みたいになってました。
ちょっと可哀想かな、とも思いますけれど、彼のせいで調査に来た人達が帰らぬ人になっているのですよね・・・ダメ人間になってもやっぱり英雄なだけはあります(汗)
皇帝を打ち取った英雄のその後が悉く悲惨なのって、呪いなのかなあ。ドミニカは可哀想な感じでしたし、最初のアバルトは元からダメだった雰囲気がありましたけど、真相はどうなのでしょう。

次回も楽しみです♪
かみさま
『神々の悪戯』の第7話を観ました。
今回は学園祭のお話、かな?
この学校って、大勢の生徒が居たのですね・・・これ、全員神様なのかなあ?
彼らは草薙さんの帰る条件に入ってないんでしょうか。
ゼウスが「学校は生徒が沢山いるもの」という認識だけでかき集めて来た、みたいな理由なら可哀想ですけど(汗)

ええと・・・バルドルの恋愛に対するスタンスがちょっと怖いです(汗)
というか、ロキもバルドルも嫉妬の仕方が何だか怖いのですけれど・・・北欧の神様で安心できるのはトールだけなんでしょうか。
バルドルとロキの同時告白を、どう収拾するのかなあ・・・次回が楽しみです。
わわ
今頃になって拍手コメントに気付きました。
通りすがりのアトリエファンさん、指摘ありがとうございます。
ソールとコールを書き間違えてた所を修正しました・・・コールだとジュエルペットのキャラになってしまいますね。

ようやく
『遊戯王タッグフォース6』で、主役キャラ全員をクリアしました♪
・・・龍可だけちょっとずるして、デッキをライトロードに作り替えてクリアしたのは秘密です。
攻略記事を見てるとクロウとのタッグが一番楽、という意見を見かけましたけど、私はアキとタッグの方が楽だった気がします。単に私が植物デッキを使い慣れてたからかも知れませんけれど・・・
次は牛尾とかのサブキャラクター攻略に挑戦しないとです。


アニメの『遊戯王ARC-V』もぼちぼちと観てます。
遊矢は頑張ってるなあ、とは思いますけれど、塾の経営が好転してるのかどうか、微妙に分らなくて心配です。
生徒何人ぐらい居ると安全圏なんでしょう・・・
今後もちょっと楽しみかも。
ふぁなてぃっく
『ファナティックブラッド』が登録開始されてました。
ちょっと特徴的な設定の世界なので、まだあまり理解できてないのですけれど・・・
現代世界とファンタジー世界、どちらのキャラにしようか迷います。
登録後にもいずれかの勢力に所属するみたいですし、なかなか設定を考えるのも大変そうです。

どうしようかなあ。
『棺姫のチャイカ』の第6話を観ました。
互いの陣営に入れ替わる状態で捕まった赤のチャイカと白のチャイカの態度に差があって面白いかも。
恋心があるとはいえ、敵を自分に付く様に誘う赤の子と比べて、ご馳走して貰ってお礼を言ってる白の子が純真すぎです・・・
これはトールでなくても、放っておけないと思ってしまうのも無理はないです。

人質交換の時の攻防もどきどきでした。
この世界の魔法って、大きい銃で狙って撃つという手順があるので使い難そうですけれど、狙撃みたいな戦い方が出来ると強いのですね。
ちゃんと見つかった時の逃走経路も用意してるのが賢いです。

赤の子はトールに振られてしまいましたけど、まだ諦めてないみたいなので再登場はあるのかなあ?
目的が復讐なら、埋葬したい白の子と協力しても良いと思うのですけれど・・・

次回がどうなるのか楽しみです♪
あとりえ♪
『エスカ&ロジーのアトリエ』の第6話を観ました♪
今回はお料理と大食い選手権とリンゴ園の収穫アップのお話、かな?
ウィルベルの魔法のお菓子が相変わらず猛威を振るってましたけど、他の料理もおいしそうです。
エスカはお菓子を錬金術で作るのかと思ったら、きちんと普通の手順で作っていたのが意外でした。
そういえばロロナも普通にパイを作っても上手かったのが、錬金術で作っても普通に美味しかった、というエピソードがありましたけど、エスカもそうなのかなあ?
ソールさんのお菓子作りにかける情熱と、親子の交流も面白かったです。誰か支部長にアドバイスしてあげれば良いのに・・・
大食い大会はリンカの優勝で、お菓子コンテストはウィルベルの勝ちと、前作からの続投組が総なめでしたけれど、熱心さではソールさんも負けてなかったと思います。

リンゴ園の土壌改良は、エスカの一族が代々試行錯誤していた課題だった、という物で、エスカも一人前の錬金術師になったので託された、という事なのかな?

何だかロジーさんは錬金して大食い大会に出ただけなのですけれど、鍛えてる武器はいつか出番があるのかなあ・・・(汗)

次回も楽しみです♪
うぃくろす
『selector infected WIXOSS』というアニメを何となく観続けてたのですけれど、結構面白いかも、という気がします。
6話まで進んでも相変わらずゲームのルールが判らないので、戦闘シーンは何が何だか、なのですけれど・・・ゲームに時間を割かないぶん、キャラクター達のシーンが多いので、これはこれで良いかも。
願いを叶える為には勝ち続ける必要があるけれど、どれだけ勝てば良いのかは不明。という割には、3回負けたらゲームオーバーというルールが物凄く詐欺っぽくて、はらはらします。
るう子と遊月と一衣でまた仲良くなって欲しいのですけれど、続きがどうなるのかなあ・・・
どきどきで楽しみです。
げーむ
『ノーゲーム・ノーライフ』の第6話を観ました。
他勢力との戦い2戦目、かな?今回も相手は個人でしたけれど・・・
ルールが単純で分り易いしりとり勝負で、言った物が出たり消えたりする具現化という要素がくっついたのは面白かったです。
相手に答えられなくして勝つ、という戦術も、観ていてとても楽しかったですし・・・
どんどん消える物のスケールが大きくなっていくのが凄かったかも。
ちょっとステフは可哀想でしたけれど・・・

物知りそうなジブリールが仲間(?)になったという事は、これから本格的に他の国や神様と戦うのかなあ?
楽しみです♪
『棺姫のチャイカ』の5話を観ました。
チャイカと名乗る赤い服の女の子がもう一人現れたのも驚きですけれど、その子の主人公のチャイカが偽物だ、という主張に「どちらも偽物という可能性もある」と冷静に返すトールがちょっと格好良いです。
記憶が途切れていたり、傷があるのもおんなじですし、確かに両方偽物というのもありえるかも。
もしかしたら、ジレットが以前話していた何人か捕まえたチャイカと名乗る女の子って、全部そうなのかなあ・・・
このあとどういう展開になるのか、ちょっと想像つかないです(汗)

次回も楽しみです♪
ふらぐと神様
『彼女がフラグをおられたら』を6話まで観ました。
女の子達との遊びよりも、フラグが見える能力や世界の秘密を調べる方に話が進んでほしいのですけれど・・・
半分ぐらいまで来てもこの状態だと、きちんとお話が終わるかどうか怪しい気がしてきます(汗)
せめて船の事件ぐらいは解決して欲しいなあ、と思うのですけれど。


『神々の悪戯』も5話まで観ました。
ゼウスが上から物を言うたびに何というか・・・あなたがそれを言うのか、という気持ちに(汗)
もしかしたらこの人、神話時代にやんちゃし過ぎた反動で、今は真面目になってるのかなあ・・・
主人公の草薙さんは、可愛いというより格好良い女の子なので、周りの神様たちが格好良い筈なのに、何だか可愛く見えてくるのが不思議です。
5話のスサノオも何だか可愛い男の人っぽくて、ちょっとほんわかでした♪


次回も楽しみです♪
けんぜん・・・?
『健全ロボ ダイミダラー』を6話まで観ました。
このオープニング、格好良いけれど歌詞の単語が所々酷くて、何度も聞くのが危険な気がします・・・覚えてしまいそうで(汗)

ええと・・・メカじゃなく主役が交代するのって、ちょっと珍しい気がします。
今度のカップルは、先代と比べてまだ健全な気がしますし、ちょっと安心して観られるようになった、ような気がします。
周りは今まで通りなので、あんまり変わった気がしませんけれど(汗)
今回はロボを呼び出す、という所で次回へ引きでしたけれど、ロボも代替わりしてるのかなあ?

次回もちょっとだけ楽しみです。
うさぎ
『ご注文はうさぎですか?』の第5話を観ました。
前半はバレーとバドミントンのお話で、後半はリゼのバイト話、という流れなのですけれど、リゼがバドミントンの練習の時に父親秘蔵のお酒瓶を割ってしまい、贈り物として買い直す為に短期バイトをする、という繋げ方がちょっと面白かったです。

千夜のアタックの的になったココアは何だか可哀想でしたけれど、あれって意識してやっているのか本当に偶然なのか、判らない所が怖いなあ。
後半のリゼの各店舗の制服シリーズも可愛らしくてほわほわでした。


次回も楽しみです♪
あとりえ
『エスカ&ロジーのアトリエ』の第6話を観ました♪
今回は後輩のルシル登場とホムンクルス紹介のお話でした。
ゲームでいうルシル関連のイベントをほとんど詰め込んだ、みたいな感じかなあ。
ホムンクルスとルシルが仲良くなって、ソールが寂しい思いをする、というイベントは判るのですけれど、マリオンがスレイヤさんに絡み酒をするイベントまで入れられているのが面白かったです。
毎日現場に書類にと奮闘していれば、それは出会いなんて望めない日々なような・・・

もこもこなホムンクルス達も可愛かったです。
相変わらずお菓子が好きなのだなあ。
声が、未確認で進行形で小紅を演じた人、というのには気付きませんでした。
一人で何人分も演じるのって、凄いなあ。


次回も楽しみです♪
げーむ
『ノーゲーム・ノーライフ』が結構楽しいです。
ハトが何秒後に飛び立つかを賭ける勝負で、石を投げてすぐ追い払う、という手を使ったりして、なかなか凝っているなあ、と思います。
いまのところの大勝負では、生きたチェスというルールの曖昧なゲームで盛り上がりようがなかったのがちょっと残念ですけれど・・・
もうちょっとはっきりしたルールで知略戦をしてれる方が好みかも。

この先がどうなるのか楽しみかも。

せめてステフの努力が報われると良いなあ。
蟲師
『蟲師』の第6話、「花惑い」を観ました。
こ、怖い・・・

綺麗な桜の木がある、という話を聞いて寄り道をしたギンコさんが、不思議な女性と代々庭師をしているという男性に出会う、というお話なのですけれど、その真相が・・・
前回が明るいお話でしたので安心していたら、すごく正反対の雰囲気になった、というのもあって、途中からドキドキでした。
今までに何代にもわたって何度も接ぎ木をしていたのかと思うと、ちょっとううんってなります。
花の様に美しい女性だから代々守って愛でていた、という事なのかなあ・・・
女性が亡くなる時に桜が花を咲かせた、というシーンでほっとしました。

次回は特番だそうですけれど、何を放送するのかなあ・・・
楽しみです♪
密室
上遠野浩平さんの『しずるさんと底無し密室たち』という小説を読みました。
『しずるさんと偏屈な死者たち』の続編が出ていたとは今まで気付かなかったので、新装版が出ていて助かりました・・・
本文の挿絵がカラーになっていて、ちょっと驚きです。
内容は前と変わらず、しずるさんとよーちゃんが奇妙な事件の謎をあれこれ考える、というものですけれど、彼女たちは事件にかかわっている訳ではないので、気楽に読めるのが良い所だと思います。
その代わり事件解決に貢献する事もあまり無いので、どきどき感が好きな人には物足りなさそう、かな?
しずるさんとよーちゃんの仲良しさにほわほわする分には問題ないのですけど。


幕間のチクタは相変わらず冒険してました。
なんだか展開が物凄く行き当たりばったりなのですけど、この子はちゃんと目的を達する事が出来るのかなあ・・・(汗)


星海社文庫から4巻まで出てるみたいなので、早く続きを探さないとです。
いろいろ試用
『遊戯王タッグフォース6』で、天使族デッキを試してみています。
天空の聖域と神聖騎士パーシアスをメインにしてみているのですけど・・・
どうもコーリングノヴァよりも先に、サーチ対象のパーシアスが手札に来てしまいます。
枚数的に私の引きが悪いせいなのですけれど、なんだか私は上級モンスターと相性が悪い気が(汗)
天使デッキはカウンター罠を投入する形式もあるらしいので、後でそれも試してみたいなあ。


けど、カードプールがゼアル初期ぐらいなのはそろそろ物足りないかも。
余裕が出来たら、3DSのソフトを買ってみようかなあ?
『蟲師 続章』の「鏡が淵」を観ました。
女の子が、人の影を奪って姿を映しとる蟲に取りつかれて・・・というお話だったのですけれど。
普通なら鏡に自分が映らなくて怖いとか、じわじわと迫られる恐怖、みたいなお話になりそうなのに、蟲が病気か何かみたいに扱われていて、失恋した女の子が立ち直るお話になっているのが凄いなあ、と思います。
蟲に悪意が無いからなのだろうなあ・・・意思を持って人を狙っていたら、蟲じゃなくて妖怪になってしまいますものね。
終わりの方でギンコさんが蟲を山奥へ連れて行くのも、人里へ迷い込んでしまった動物を山へ返す、みたいなノリでほわほわしました。
助かった女の子の恋に、いつか応えてくれる人は現れるのかなあ。

あと、水面に写る風景がとても綺麗で印象に残りました。
やっぱり蟲師の風景は綺麗だなあ・・・
6巻め
漫画版『氷菓』の6巻を買ってきました♪
作者近影のストレッチ猫が可愛いかも。
カバー裏は、本を読む折木君に帽子を被せて遊ぶお姉さん、という絵でしたけれど・・・これは何のカードでしょう?
折木君を獅子に見立てて「剛毅」なのかな?

内容は折木君のプールバイト話と、カンヤ祭初日の前半のお話までが収録されていました。
プールのお話は、3巻特装版に付いていたオリジナルDVDの内容では無く、原作者が新たに考案してくれたオリジナルの内容、だそうです。
なんだかちょっぴり得をした気分かも。
アニメ版では取り越し苦労だったけれど、漫画版はなかなかうーん、と唸るような内容でした。
イヤリングが無事で良かったです・・・

この巻でまだアニメの半分ぐらい、という事は、漫画は12巻ぐらいまで続くのかなあ。
それともアニメになってないお話も漫画化したりするのでしょうか。
あとりえの4
『エスカ&ロジーのアトリエ』の第4話を観ました♪
今回は、エスカの動くしっぽの秘密と過去のお話・・・かな?
エスカと母親の思い出の品がぴこぴこ動く尻尾、というのも何だか不思議ですけれど、親子で楽しそうに錬金鍋をかき混ぜる思い出にほっこりしました♪
動く尻尾は作れなくて残念でしたけれど・・・
エスカが母親の事を思い出せて良かったです♪
途中のどたばたも、賑やかなコメディで楽しかったですけれど・・・ウィルベルの大失敗は相変わらずだなあ。
みんなの耳としっぽ姿は可愛らしかったので、局長と店長のケモノ姿だけ観られなかったのは残念でした。
レイファーやスレイアさんはどんな動物になるのかも、気になるなあ・・・


今回のお話には関わり無かったですけど、さり気なくロジーも錬金してました。
前回の戦いで力不足だったから武器を強化する、という流れなのですね。
次の戦闘ではロジーも活躍してくれそうで、楽しみかも♪


次回は後輩の登場回らしいので、楽しみです♪
のろのろ
今週の『カードファイト!ヴァンガード』が、完全にロボットアニメでした・・・
グレートダイカイザーが凄く格好良い! 
それにドライブチェックが三回になるって、かなり強力な能力です。さすが浪漫のカード!
負けてしまったのは残念でしたけれど・・・
あんなに活躍されると、6月に発売される3DSのヴァンガードのソフト、ロックオンビクトリーがちょっと欲しくなってきました。
新しいカードはどこまで収録されてるかなあ・・・


『遊戯王タッグフォース6』は、マイライフマイワイフのパックも買える様になって、後は残りのパック解放条件を目指してレベル上げを地道に進めています。
その一方でチャレンジももそもそ進めているのですけれど・・・「魔法カードと罠カードの入っていないデッキで勝利する」を、ライトロードばかり入れたデッキでようやくクリアできました。
ライトロードって、裁きの龍まで辿り着けたら強いなあ・・・
チャレンジ達成率はまだ27%なので、まだまだ頑張らないといけません。
次は「○○属性のモンスターを25体以上」や「○○族のモンスターを25体以上」の項目をどうにかしていかないとです。
棺の4
『棺姫のチャイカ』の第4話を観ました。

怪物の群れに襲われていた所を助けてくれたのは、遺体所持者のドミニカさんで、恩人な上に宿まで提供してくれた彼女と戦うのは気が引けるチャイカだけれども・・・
というお話でした。
屋敷の中はドミニカさんの肖像や像が沢山で、生活の痕跡はほとんど無い、という辺りで薄々気付きましたけれど、亡くなった主人を悼んで彼女の代わりを務める、という竜が健気でほろりと来ました。
決着が付いた後で、トールを倒す宣言をした付いて行く事に決めたのは、心変わり早い!とびっくりしましたけれど・・・
ずっと一人でいるよりは、その方が良いですよね。


今回のチャイかは魔法でお風呂を沸かしてみようとして、見事に成功してました。
戦闘以外で銃魔法が成功したのって、今回が初めてな気が・・・
もしかしたら単純に加熱させる攻撃魔法を応用してるだけなのかな?


次回も楽しみです♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。