プロフィール

狭く浅くゲームを遊んでいる人です。

猫ひげ

Author:猫ひげ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

シンプルアーカイブ

気まぐれねこ日記
猫ひげが遊んでいるゲームの事なんかを徒然と書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しろがね
『白金の意思 アルジェヴォルン』を8話まで観ました。
やっぱりこの世界は飛行機とかが無い世界みたいです。
鳥は普通に居たので、環境は地球とほぼ変わら無さそう、なのですけれど・・・これには何か理由はあるのかなあ。
ロボットのデザインは嫌いではないのですけれど、もっさりした動きや戦闘シーンが、ちょっと格好悪いなあ、と思います。
戦車あるのだから戦車で良いのでは・・・とも思いますし・・・
主人公メカが今までの設計思想と違うからデザインや動きも違う、という発想は何となく面白い気がするのですけれど、何かの陰謀もあるようなので、まだ秘密があるのかなあ。
お話に関しても、戦争の発端がいまひとつ良く分らないまま戦いがずっと続いてるので、全体的に説明が足りない様な・・・

面白いかどうかは分りませんけれど、どうお話が終わるのかは気になるので、この後もみてみようと思います。
スポンサーサイト
いろいろ
『少年ハリウッド』第8話
今回は合宿回でした。
前回の騒ぎが記事になった事を話題になったから良し、という社長は凄いような気がしますけれど、同じ週の「LOVE STAGE」では、スキャンダルを逆手にとってデビュー会見を開いた手腕を見せられているので、どうしても後手に回っているように見えてしまいます(汗)
ジャンル被りの弊害がこんな所に・・・
「一生は無理でも永遠には出来る」という台詞からカメラ撮影、というのは素敵な発想かも。
寝起きどっきりとかも入ってましたけれど・・・

これは、最終回にライブをやる流れなのかなあ?


『まじもじるるも』第8話
素直になれない友達の来訪回、でした。
このアニメって、何気に毎回王道なストーリーの気がします・・・
けれど、主人公が何だか影が薄くなっているような(汗)


『モモキュンソード』第8話
女性よりも女性の下着が大好きで、ぱんつを食べるとパワーアップする鬼回・・・で、良いのかなあ。
年増の下着は嫌というグルメぶりも凄かったけれど、いちいち鬼の性癖を解説して、共感もしてしまう晴明さんが凄かったかも。
もう陰謀キャラは止めて、こっちの路線で行ってほしいなあ・・・
天女も、生贄になりたがりさんも一番偉い人も何処かおかしいですし、もしかしてこのアニメって、実は全員変態という落ちなのでしょうか(汗)
いろいろ
『LOVE STAGE』の第8話を見ました。
泉水のデビュー編、かなあ。ナレーションのせいか、ちょっと雰囲気が違うのが面白かったかも。
それにしても、泉水が芸能人になるとして、どういう風に売り込む気なのでしょう・・・女装俳優?
本人にあまりやる気が無さそうなのが、ちょっと気になるかも。


『幕末Rock』第8話
幕府お抱えアイドルのダークチェリーズが刺客として送り込まれてくるお話・・・なのですけれど。
龍馬達の日常紹介とコメディ回、だったのかなあ。洗濯ものを女の子に取られても動じない沖田は凄いかも。
井伊もお菓子のつまみ食いをしていて何だか愛嬌がありましたし・・・
ダークチェリーズはアイドル衣装よりも普段着の方が可愛らしいと思うので、アイドルではなく芸人としてなら行けそうな気がするかも。
メリケンに渡ったという事は、今回限りのゲストなのかなあ・・・ちょっと残念かも。


[READ MORE...]
かーどげーむ
『Wizard's Soul 2 恋の聖戦』を買ってきました。
秋★枝先生の描かれている漫画で、架空のカードゲーム漫画です。
何だかルールはしっかりしてそうなのですけれど・・・これって、出版社の方で実際に作って見たりはしないのかなあ?

内容は前回からの続きで、大会で勝ち進む主人公に、意地悪な同級生が影から妨害を・・・というお話でした。
ううん、こういう流れはあんまり引っ張ってほしくないかも。
対戦相手の中で、いわゆるファンデッキ使いとの戦いはすごく面白かったです。
ああいうデッキって、勝つのはちょっと難しいのですよね・・・私もショップ大会で時々使ってみてましたけれど、最高で準優勝しかいけませんでした。

帯の推薦文の逸話はちょっと面白かったです♪
カードゲームのプロって現実にあるのですね・・・
けれど、あとがきの一言はちょっと切実だったかも。
漫画の打ち切りって、どういう風に決まるのかなあ?


次巻も楽しみです♪
少女漫画
『月刊少女野崎くん』の第8話を観ました。
今回は背景のお話と、鹿島君と堀先輩の恋のお話、かなあ。
野崎君が建物を描くのが苦手なのは知ってましたけれど、背景がまったくダメだとは思いませんでした・・・
これをストーリーと設定で何とか誤魔化す野崎君って、ある意味天才かも。
けれど、苦手とはいえ指定まで放り投げるのは、堀先輩が頼りになるから、なのかなあ・・・
行き過ぎて「最近私達の間では箱が大人気♪」となったのはすごく面白かったです♪
ちょっと「恋しよっ」を読んでみたいかも。

鹿島君の勘違いなアタックも楽しかったです♪
あんなに男らしい堀先輩をヒロイン扱いしようとする一途さが、やっぱり鹿島君も女の子なのだなあ、と思います。
残念な方向なのがちょっと惜しいかも。
牛の被り物のロデオは、思わず笑ってしまいました。
被り物を脱ぐところから、野崎君に牛の王子様のお話をリクエストする所は、堀先輩の愛を感じてほっこりでした♪
最後の鹿島君との出会いエピソードはちょっと酷かったですけれど、この二人ってお似合いなカップルだと思います♪

今回もとても楽しいお話でした♪
次回も楽しみです♪
じんせい
『人生』の第8話を観ました。
学園祭の出し物準備と、美術部の子登場回、かなあ。
意味ありげな生徒会長は、出てくるのがちょっと唐突過ぎかも・・・
エンディングが美術部の子も一緒のバージョンに変わりましたけれど、オープニングには前から混じっていたので、微妙にサプライズ感が薄れてしまったかも。

内容は、出し物でリアル人生ゲームを作ろう、という所から褒め殺ししりとり勝負へ行って、美術部の子に手伝いをお願いする・・・という流れでした。
コマの指示もリアルにしようとしたら暗い内容ばかりになった、というのは妙にリアルでちょっと面白かった、かも。
しりとり勝負はいくみの不得意がちょっと強引でいまいちだったかも・・・こういう言葉遊びは、ゆゆ式の方が上手いかなあ、と思います。
美術部の子は天才気質、なのかなあ?いくみと話がかみ合ってないのに通じているような感じなのは面白かったです。

次回からはメンバーも増えるみたいなので楽しみです♪
いろいろ
『少年ハリウッド』第7話を観ました。
歌の練習回・・・で、良いのかなあ。
なんだかいきなりミュージカル風に町へ飛び出しての練習・・・なのかなあ。
実際にも、路上で演技の練習をする事はあるらしいですけれど、歌はさすがにご近所迷惑になるのか、マネージャーさんが苦情対応していたのが変にリアルで面白かったかも。
一番の衝撃はミュージカルシーンよりも、自己紹介の時の年齢かも・・・


『花物語』も観ました。
神原駿河さんが噂で知った、悪魔様を探る・・・というお話、かなあ。
沼地さんは確かに悪趣味でしたけれど、こういう目的でもきちんとカウンセリングの役目を果たしてるのが、何というか・・・
悪魔のパーツを集めていると言っていましたけど、もしも全部集まったら外見どうなっていたのでしょう(汗)
怪我をして初めてバスケが好きだったと気付いた、と告白する沼地さんに何だかきゅんとしたかも。
何というか・・・可愛い要素のあまり無い子だと思うのですけれど、何故だかこのシリーズで初めて女の子にときめきました。

エンディングの仕掛けはちょっと面白かったです。全話2人がバスケ選手でコンビだったバージョンも見てみたかったかも。


『まじもじるるも』の第7話も観ました。
前話で泣かせに来たと思ったら、今回は水着回と、なんでしょうこのギャップ。
主人公が変に理性的というか、そんなに鬼畜な性格でもないので、周りの言われようとの落差にちょっと違和感を感じますけれど・・・本人が気にしてないから良いのかなあ。
それにしても、このアニメってどう終わるのかなあ(汗)
なんのひ
ファナティックブラッドで立花さんが参加していた、石田まきばMSの『この日何の日?』のリプレイが完成してました。
タングラムさんという偉い人の誕生日をお祝いしよう、という依頼だったのですけれど、タングラムさんを驚かせよう、という条件付きでもありました。
寄せ書きとかくす玉とか、皆さん色々な仕掛けをしていて面白かったかも。
立花さんはフクカンさんのお手伝いをしてみたのですけれど、これはあんまり上手く行かなかった感じです。
フクカンさん、意識されなさすぎかも・・・
それでもタングラムさんを浴衣姿に出来たので、わたし的には大成果でした♪
やっぱりお祝いの日は着飾らないと、ですものね♪

タングラムさんがもてもてで、とても楽しいリプレイでした♪
ひさびさ・・・
久し振りに舵天照で、臼井さんが依頼参加してました。
西川一純MSの『双子座撃破作戦 甲』という依頼で、同タイトルの乙という依頼と連動している内容、なのですけれど。
ちょっと特殊な依頼らしく、星座を模したアヤカシと戦ったり、「星の一欠片」というメダルを使って不思議な能力が使える連作シリーズ依頼のようです。
タグが無いので、追うのがちょっと大変ですけれど・・・
星座がテーマというのは、聖闘士星矢みたいで少年ものっぽいかも?

敵は王冠を被って冷気を操る女の子型アヤカシで、双子座と冠座、だそうです。
・・・双子座が何で冷気なのか、ちょっと分らないのですけれど・・・冠座が双子座を操っていた、という真相はちょっと面白かったかも。頭の上が本体、というのはトカゲ王の島みたいで、ちょっと懐かしいかも。あの話も王冠を奪い取ろうとすると失敗していたような・・・
格闘タイプという説明だけあって、そうとう強かったみたいですけれど、さすがに他の皆さんは戦闘に慣れていて、見事に倒す事が出来ました。

臼井さんも一応、星の一欠片のメダルを使ってみたのですけれど・・・
三角座=他の人を一回だけ護れるバリアを張る
南の三角座=細かい三角型の散弾を発射。威力は本人の攻撃力に依存
という内容でした。
効果は一人一人違うらしいので、こうやって実践して能力を確かめるしかないのかなあ。
使ってみるまでどういう効果か分らない、というのは、ちょっと面白いかも。


また機会があれば、参加してみたいかも。
いろいろ
『幕末Rock』第7話を観ました。
沖田と土方も加入してバンド結成回、でした。
さかもっちーずでないとしたら、バンド名は何になるのかなあ?

松陰先生のメガネと頭は変装では無かったのですね・・・
最後の書き文字が何だか面白かったかも。


『LOVE STAGE』第7話も観ました。
ついに泉水も龍馬の事を意識し出した・・・のかなあ。
龍馬が良い人過ぎて、つい応援してしまいます。
このままくっついたりする前に、もうひと波乱ぐらいはありそうですけれど・・・

[READ MORE...]
むしし
『蟲師』の特別篇「棘の道」を観ました。
「おどろのみち」と読むらしいのですけれど、変換では出ませんでした。
辞書にはありましたので、当て字ではないみたいですけれど・・・

くまど、という人が子供の頃にやっていたらしい蟲師の修行がちょっと怖かったかも。
魂が無くなっても代わりの物を入れてやる。というお爺さんの台詞が怖かったです。
こんな事を何代も続けていたのかなあ・・・

おどろの道も処置をして一件落着らしいのですけれど、天変地異の時に現れたという蟲って、どんなものなのかなあ。
日食を作り出す蟲も居るのだから、もっと凄いことをする蟲が居てもおかしくなさそう、かも?
最後のお茶会は、何だか和やかでちょっとほっとしました。


続きは10月らしいので、今から楽しみです♪
少女漫画
『月刊少女野崎くん』の第7話を観ました♪
野崎くんが漫画を描いてない時の様子回、かな。
野崎くんは趣味が無い、というより、趣味を仕事にしてしまっているのではないかなあ・・・
バスケをやっていたのなら、運動も趣味なのかな、と思うのですけど、そうでもないのでしょうか。

佐倉さんと野崎くんのデートは、確かに野崎くんの行動に難はあったけれど、映画に食事にショッピングと、いちおうデートと言っても良いのではないかなあ・・・
洋服選びをしている時の様子も素敵でした♪
佐倉さんも、セーラー服を着てあげれば良かったのに・・・
途中にちょっと出て来たみこりんは、結局どんなフィギュアを購入してたのかなあ。

美術部のモデルエピソードは、みこりんに好き勝手ポーズを取らせる美術部員が容赦なかったかも。
みんなみこりんにして欲しいポーズ、と言ってましたけれど、いったいみこりんにどういう印象を持ってるのかなあ・・・
途中で怒り出さないみこりんは良い人だなあ、と思います。
野崎くんの乗っ取りスケッチが一番凄かったですけど・・・
ヌードモデルも実際にやったらどんな事になるのか、ちょっと見てみたいかも。

次回も楽しみです♪
じんせい
『人生』の第7話を観ました。
相談ボックス放火事件の真相解明編・・・の筈、なのですが。
何故かコガネンの中の人からの相談を受けてました。
新しい相談ボックスを貰っていたので、無関係という訳では無かったのですけれど。

ケイ・グラントって誰だろうと思ったら・・・ゲキレンジャーのナレーションの人なのですね。
これは確かに美声かも。
いくみの特訓モードの声もけっこう格好良かったかも。

真相は何というか・・・脱力ものだったのですけれど、わざわざあんな機械を使わなくても、最初から処分してしまえば良いのに・・・
けれど、いくみや梨乃の特技を生かして犯人を特定していくくだりは面白かったかも。


次回も楽しみです。
あいどる
『普通の女子高生が【ろこどる】やってみた』の第6話を観ました。
全国ネットのゆるキャラ運動会撮影回で、魚心くんが頑張るお話、でした。
他に登場していたゆるキャラ達って、実際に居るのかなあ・・・?

運動会で武器の使用は禁止、という発言を聞くと、前にこんな番組を実際見た時、暴れん坊なゆるキャラが手に持っていた棒状の野菜で他のゆるキャラを叩いてた場面を思い出します・・・
あの時はぬいぐるみの野菜だったのでそうでも無かったですけど、おもちゃでも武器を振り回したら番組の雰囲気が変わりそうかも。
けれど、その番組で一番凶暴そうだったのは、他のキャラに噛み付いて回っていたメロン熊だったので、武器そのものはあまり関係ないのかも・・・

魚心くん軽量化バージョンが、勝つ為ではなく怪我をしない為、という理由なのにはちょっと感心かも。
こういう、大人がきちんとしているお話はかなり好きです♪
タマホッシーくんの改造は完全に勝ちに来てましたけれど・・・

次回は新メンバー加入話なのかなあ?
アイドルコンビとマスコットキャラとマネージャーと来て・・・次は何の役職なのでしょう。
楽しみです♪
エリュシオンで酒井さんが参加していた、佐嶋ちよみMSの『【死天】波打ち際の向こう側』のリプレイが完成してました。
筧さんはひっぱりだこで、相変わらずもてもてでした・・・ううん、ああいうのもリア充、って言うのかなあ。

酒井さんは部活の先輩の北条さんと一緒の参加だったのですけれど・・・告白、されました。
無事に恋人同士になれましたけれど・・・ううん、何だか、ちょっと気恥ずかしいかも。
エリュシオンもこれから終盤ぐらいの展開、なのかなあ?
大筋がいまひとつ読めないので、どうなってるのか良く分らないのですけれど、これからも頑張らないと。
いろいろ
『少年ハリウッド』の第6話を観ました。
今回は努力とマッキーの居場所のお話、なのかなあ。
キラがマッキーと口論するシーンでは、それだけ努力できるだけでも、キラはこの仕事に「向いている」と言えると思ってしまったのですけれど・・・
フクロウの食事シーンは衝撃的でした。確かに肉食ですけれど、あのもふもふな外見からは想像もつかない(汗)
ハイパーアロミングデラックスのパッケージ、ウサギとカエルが居るのに、猿だけ居ないのは何でなのかなあ?


『ジョジョの奇妙な冒険』19話も観ました。
いきなり夢の中の遊園地で襲われる、という展開はびっくりでした。
ここは危険だと言われてるのに、マイペースのままなポルナレフの物わかりの悪さにははらはらしましたけれど・・・夢だから仕方がないとはいえ、花京院がちょっと可哀想かも。
次回どうなるのか楽しみです♪


[READ MORE...]
ううん・・・
『幕末Rock』の第6話を観ました。
幕府の人の沖田への妙な洗脳術のお披露目と、それを助けようとした近藤さんの最後、というお話かなあ。
ヘブンズソングが力の衰えた幕府が平和を維持する為とか、沖田を洗脳する事で彼の中のピースソウルを封じ込めてるとか、色々と設定が出ていましたけれど・・・
ううん、これはもしかして、新選組が幕府に反旗を翻す展開になるのかなあ。
何だかちょっと、もやもやした気持ちかも。


『咲』の再放送も地道に観てました。
全国編は先に見ていたのですけれど・・・
序盤は主人公が麻雀の天才という展開なのかと思ったら、最初から何らかの特殊能力で凄い上りが出来る、というアニメだったのですね。
咲と原村さんがらぶらぶ過ぎて、唯一居る幼馴染の男子部員がちょっと可哀想でしたけれど、彼はタコスの子とくっつきそうなので一安心でした。
あと、他校に居た黒子くんみたいな能力を使う影の薄い子とその部長さんも、何だからぶらぶでしたし・・・この作品に普通のカップルって、あんまり居ないのかなあ。
続編は見てたので展開は知ってるのですけれど、試合中の特殊能力が面白くて楽しめるアニメかも。
いろいろ
『ヤマノススメ』の第6話を観ました。
富士山のご来光の話を聞いて、自分たちも行こうと準備を始める二人、というお話でした。
ダウンジャケットの高さに驚く二人でしたが、それ以外の道具もそれなりの値段がしそうな気もするのですけれど・・・
富士山ぐらいの山だと、必要装備一式でどれぐらいするのかなあ(汗)
あおいと母親の話し合いパートも、ちょっとありました。
山のあぶないニュースとかも時々見るので、娘の山登りを心配するあおいの親の気持ちも、ちょっと判る気がします。

今回は準備の手始め、という感じでしたけど、本当に登山まて行くのか楽しみかも。


『モモキュンソード』の第6話も観ました。
天女隊のアイドルデビュー、というお話でした。
登場時は悪巧みキャラみたいだった安倍晴明は、水着回では天女達をガン見してたり、今回はアイドル姿の天女隊のおっかけをしていて、もしかしたらただの天女オタクなのかなあ・・・


『ソードアートオンライン2』の第6話も観ました。
キリト君がシノンを落とす回、でした。
さり気なくシノンの腰に手を回すキリト君の手の速さはさすがかも。
ラフィン・コフィンって前期ではそんなに出てきてなかったような・・・思ったよりもしつこい組織なのですね。
次回も楽しみかも。
少女漫画
『月刊少女野崎くん』の第6話を観ました♪
野崎君の後輩の若松君登場回と、瀬尾さんと若松君の変な関係、かな?

野崎君のバスケット部時代の絵は格好良いなあ・・・ちょっと見て見たかったかも。
瀬尾さんのバスケ部助っ人話は第2話でもちょっと出ていましたけれど、あの時よりも酷くなってるような・・・(汗)
若松君も人が良いのは判るのですけれど・・・決闘の参考に少女漫画はあんまり向かない、訳ではありませんけれど、せめて決闘向きな少女漫画を選ぶべきだったと思います。
若松君はともかく、瀬尾さんがちょっとあまあまな雰囲気に向かないキャラなのが残念だったかも。

後半は病気の野崎君をお見舞いする、堀先輩と佐倉さんと若松君、でした。
トーン貼りで苦戦する堀先輩と佐倉さんをよそに、綺麗に貼り付ける若松君、というのがちょっと意外でした。
野崎君といい若松君といい、バスケ部員は漫画家の素質もあるのかなあ?
せっかくの技術も、解釈の失敗で残念なことになってしまいましたけれど・・・これで有能なアシスタントがまた一人増えた、のかなあ。

次回も楽しみです♪
じんせい
『人生』の第6話を観ました。
相談ポストが燃えてしまって、中の手紙もぼろぼろになった・・・という流れで犯人捜し回、でした。
つぎはぎ手紙の本当の中身も気になるのですけれど、もしかしたら何通か混ざってるのかなあ(汗)

燃え方や根元の植物が枯れていた、壁に「h」の字に見える跡といった手掛かりが出ていましたけど、本当に犯人が居るのでしょうか・・・
人間関係で怪しそうなのは第一新聞部の部長ですけど、そういう人にも見えませんし、誰かのうっかりで燃えてしまったにしても、不審な素振りをしてる人は居ませんでしたし。
いくみが見つけた手掛かりの、えっちな本やDVDは関係あるのかなあ?あったとしても、そういう物を収集している人って、今まで出ていないような・・・
犯人捜しは本当に新聞部みたいなノリで面白いですけど、やるならごっこ遊びではなく本格的に推理物みたいにして欲しかったなあ。
hhh団とかコガネンも面白くて良いのですけれど・・・
新しく塗った塗料が原因で自然に燃えたとか、実は新キャラが燃やした、みたいな真相だとちょっとがっかりするかも。

今回は事件のせいで、梨乃と赤松のらぶらぶが無いのも残念でした。
次回はちゃんと犯人が判るのかなあ。楽しみかも。
しつじ
『黒執事』の第5話を観ました。
坊ちゃんの一軍テント潜入回・・・というのかなあ。
邪魔になりそうな毒蛇を、きゅっと縛ってしまうのが何だか妙にコミカルでした・・・
ショーの合間にテントへ戻って蛇を元通りに・・・とか、執事への指示が無茶振りなのも凄いですけれど、その通りにする執事も凄いです。悪魔なら普通にこなせる類のことなのかなあ・・・

死神は、ショーの間も高枝切狭を持ったままなのが何だかシュールでした。
空中ブランコなのに、手にそんなものを持ったままでどうする気だったのでしょう(汗)
二人の空中戦はなんだか面白かったですけれど。
それにしても、死神の仕事ってどういうのなのかなあ。いまの所、ただサーカスで遊んでる様にしか見えないのですけれど。
本当に死者が出るまで待ってるだけなのかなあ。

テントからの脱出は結局、白いもこもこな人に助けて貰っていましたけれど、その正体が同室の子だったのには驚きました・・・
てっきり男の子かと思っていたので。というか、男女で同室だったのですね(汗)
お風呂も一緒に行ってましたし、こういうサーカス団って、男女で分けるとか、しないのかなあ?

坊ちゃんが病気で倒れて、執事が調べものの為に離れる、というのは何だかフラグみたいでどきどきかも。
素性もばれているうえに、蛇使いの力で二人が家探ししていた、という事もばれてしまっていますし・・・

次回が楽しみです。
ろこどる
『普通の女子高生が【ろこどる】やってみた』の第5話を観ました。
市内で知名度が上がってきた流川ガールズの今後の展開を考える、という入りで流川市紹介回でした。
全国デビューをする、という目標を立てた途端に、全国ネットで放送されるゆるキャラ運動会への出演が決まる、という展開は面白かったかも。
現実でもあちこちの番組にゆるキャラが出演してたりしますものね。
魚心くんも、ふなっしーやくまモンみたいになるのかなあ。
運動会用にきぐるみを軽量化したら、音声機器も外してしまって喋れなくなった、というのは面白かったかも。
・・・ふなっしーも激しいアクションをしてますけれど、あれはどうやって喋ってるのかなあ?
その魚心くんの由来から流川郷土史紹介への流れが自然すぎて、ちょっと教育番組みたいで面白かったかも。

三人が食べていたお弁当や、たぬケーキも美味しそうでした。
小柄なゆいのおにぎりが一番大きい、というのも楽しいです。
夢を語るパートでは、なにゃ子だけ自分の夢が無い、と言ってましたけれど、縁の夢の留学して故郷に貢献する、という夢もあんまり具体性が無いような気が・・・政治家とか、目指してるのかなあ?


次回はゆるキャラ運動会でしょうか。
楽しみです♪
いろいろ
『幕末rock』の第5話を観ました。
ヘブンズソングの効果お披露目と黒幕ちらっと紹介、というお話かなあ。
歌を聞いてる人達の様子がホラー過ぎるのと、沖田の飛ぶ斬撃はロロノア・ゾロみたいで、一瞬別のアニメみたいでした・・・
先生もピースソウルに目覚めたのは良いのですけれど、このままロックで幕府と戦うのかなあ?


『LOVE STAGE』の第5話を観ました。
龍馬の漫画趣味体験・・・で良いのでしょうか。
休暇を利用して会いにきて好きな人の趣味に付き合う、って、すごく正攻法な筈なのに、なんでこんなに面白いのかなあ・・・(汗)
龍馬のあの律義さは生来の真面目なのか愛情ゆえなのか、どちらなのでしょうか。
何というか、泉水は龍馬ともっと誠実に付き合ってあげたほうが良いような(汗)


『少年ハリウッド』の第5話も観ました。
今回は一本まるまるキャビンアテンダントの舞台編、でした。
ええと・・・他の出演者を影絵で見せたりするのは面白かったかも。
「キャビンアテンダントが男性なんて聞いてない」というお客さんのパートが本当にありそうで面白かったかも。
お料理
ファナティックブラッドで、旅硝子MSの『【深棲】帝国兵士の深刻ホームシック』のリプレイが完成してました。
故郷を長く離れている兵士達に料理を作ってあげる、という感じの依頼だったのですけれど・・・
帝国風に料理したり、さらに変わった料理法を使ったり、皆さん色々と工夫を凝らしていて面白いです。
立花さんはオリーブオイル料理を作れたので満足でした♪

兵士のホームシックも治ったみたいですし、最後まで楽しいリプレイでした♪
あんさつ
『暗殺教室』の10巻を買ってきました。
プリンとケードロと偽殺せんせいとイトナ解決編、かな?

裏山でのケードロ回に、警察繋がりでこち亀ネタのギャグがありましたけれど、その後のラジコン戦車の方がこち亀にもありそうな雰囲気だったかも。
スカートの中を盗撮、という目的で一致団結するのはいかにも学生でしたけれど・・・
今回のビッチ先生は、烏丸先生と絡めたのが一瞬だけでしたけれど、次巻ではもっと何かあるのかなあ。
ころ先生ではないけれど、暗殺教室には恋愛要素が少ないので、この二人にはらぶらぶして欲しいかも。

巻末漫画の最強ジャンプゴマすり回は、ジャイロゼッターのお話が出ていてちょっと懐かしかったかも。
そういえば最強ジャンプは次号から隔月刊になるそうなのですけれど・・・大丈夫なのかなあ(汗)

次巻も楽しみです。
少女漫画
『月刊少女野崎くん』の第5話を観ました♪
今回は担当編集さんのお話、かな?
クールで大人な宮前さんは、本当にクールなのかそれとも野崎君が鬱陶しいのか、どっちなのかなあ・・・(汗)
前野さんは無能扱いされているけれど、公式ブログの更新を任されているぐらいだから、編集部の信頼は厚い、のかなあ・・・?
この編集部って、ちょっと謎かも。
新キャラの都ゆかり先生、本当に良い人なんだなあ・・・しっかりしたアシスタントが付いてあげて欲しいかも。

マミコになりきって生活する野崎君は面白かったです♪
前の自転車の時はともかく、マミコは実践しても気持ちは分らないような・・・
それにしても、何で台車で鹿島君を持ち運ぶという発想に至ったのか・・・なりきり元のマミコのキャラクターがちょっと気になるかも。
手作り弁当をおいしそうに食べるみこりんに一番ときめいてましたけれど、お弁当の出来が可愛かったから待ち受けにした、という佐倉さんにもほんわかしていたのにはにまにまでした♪
恋の進展にはならなさそうですけれど、野崎君にも恋心がちょっとは分かったのかなあ。
最後の進研ゼミみたいな漫画はちょっと面白かったです。なんだか本当に少女漫画の巻末広告でありそうかも♪


次回も楽しみです♪
さばげー
『さばげぶっ』の第5話を観ました。
毎回そういう感じですけれど、今回は特に短いエピソードの詰め合わせ、という感じが強かったのはちょっと不思議かも。

お坊さんのエピソードはよくある座禅コントからの意外な落ち、という風でちょっと面白かったかも。
稲中卓球部に似た感じのエピソードがありましたけど、こちらの方がお坊さんの落ちがえげつない感じで・・・本当に「なかよし」でこの落ちをやったのかなあ(汗)

うららのトイレエピソードはかなり酷い感じで笑えました。
下ネタぶりが、何だか小さい男の子向け漫画みたいなノリで、ちょっと懐かしかったかも?
何で女の子向け漫画なのに、銀魂に混じっても違和感無さそうなエピソードなのかなあ(汗)

国宝のエアガンエピソードは、よくある天使と悪魔のイメージ勝負までは普通でしたけれど、勝者をモモカが撃ってしまう展開が面白かったです。自分の良心を撃っちゃう人って珍しいかも。
主人公なのにブレない下衆っぷりって、凄いなあ(汗)
それでも何処か憎めないのは、悪ぶりが落ちできちんと回収されるから、なのかも?


次回も楽しみです♪
ひょうか
『氷菓』の第7巻を買ってきました。
内容は文化祭編の真ん中あたり・・・かなあ?福部君のクイズ大会出場から、2日目の料理対決の途中まで、でした。

カバー裏は漫画研究会の部長さんのとんとん相撲、でした。
紙人形を立たせて土俵をとんとん叩いて競うこれって、正式名称なんというのかなあ?

あとがきは、ワイルドファイアの料理を実際に作ってみたタスクオーナさんのスタッフさんが凄かったかも。
私も料理は趣味でちょっとやりますけれど、桂剥きなんて出来ません(汗)
ぎぜ焼きって、実際のを見ると何の料理なのかとっさに分らない見た目なのですね・・・
横でじっと見てる猫が可愛いです♪

米澤先生のあとがきは小ネタばらし・・・「夕べには骸に」の方は分りましたけれど、ナコルル先輩の名前にも元ネタがあったのは気付きませんでした。
だから原作はあの衣装だったのですね・・・もしかしたら伊原さんの方も、何か法則性はあったのかなあ?


次巻はいよいよ怪盗十文字を探しはじめる辺りですね。楽しみです♪
しつじ・・
『黒執事』の第4話までを観ました。
中世イギリスのお話で、何回か放送されてるシリーズ物らしいです。
死神や悪魔がいる世界観でもあるので、ちょっとファンタジーっぽい感じ、かなあ?

行方不明の子供達を探す為にサーカスに潜入する主人公の当主と万能執事、というお話の流れなのですけれど、執事の万能無敵ぶりがなんだかおもしろいです。
無敵系キャラって色々なタイプが居ますけれど、この執事は何故か素直に格好良いなあ、と思えます。
ご主人様へのフォローの仕方は面白かったですけれど・・・ナイフ投げも綱渡りも石を当てて修正って、やってる事は凄いのに雑にしか見えないです。
おんなじ無敵系の死神さんは、真面目そうなのにちょっとコミカルで面白い人ですし・・・人外の人達は総じて面白い性格をしてるのかなあ。

4話で、サーカスの古株の人達が何かやってる、という事が明かされましたけれど・・・
たくさんの子供を集めて何をやっているのかなあ?
悪魔や死神が居る世界の話なので、グロい予想しか出て来ないのが困り者です(汗)

次回からはどんな話になるのか、楽しみです。
『ソードアートオンライン2』の第4話を観ました。
銃のゲーム世界で、キリトとシノンが出会う回、かな・・・
ホロウ・フラグメントでシノンをみた時は誰だろう、と思っていただけなのですけれど、なんだか銃の達人という感じの人でした。
剣に慣れないとは言っていたけれど、これは確かに、剣の世界に行ったら苦労しそうかも。逆にキリトが銃をおっかなびっくり撃っていたのはちょっと面白かったかも。
キリトの可愛らしい外見のせいで、女の子と勘違いしてるみたいですけれど、いつまで勘違いが続くのかなあ・・・
それにしても、女たらしのキリトが男性からももてもてになったら、隙がなくなってしまうと思うのですけれど(汗)

武器に光剣を買っていたので、次回からは銃と剣の勝負になるのかなあ。
どんな戦闘シーンになるのか楽しみです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。