プロフィール

狭く浅くゲームを遊んでいる人です。

猫ひげ

Author:猫ひげ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

シンプルアーカイブ

気まぐれねこ日記
猫ひげが遊んでいるゲームの事なんかを徒然と書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆうしゃ
『結城友奈は勇者である』の第1話、第2話を観ました。
ええと、最初は部活ものかと思ったのですけれど・・・何か異空間から怪獣が攻めてくるのを撃退して、懐柔に拠点へ辿り着かれると負け。というルールで良いのかな。
なんとなくエヴァンゲリオンとまどかマギカを足して毒気を抜いた、みたいな内容・・・かなあ。
勇者というより魔法少女もの、という感じでした。不思議空間での戦闘シーンが売り、なのでしょうか。
監督が岸さんという事は、やっぱり最後はデススターみたいなラスボスが出てくるのかなあ?
キャラは可愛いし、声も可愛いので、次回も楽しみかも。
スポンサーサイト
ゆうえんち
『甘城ブリリアントパーク』第2話を観ました。
前回がダメ遊園地紹介で、今回が遊園地閉鎖危機の説明回、かなあ。
20年以上経営している、という事は人員もそれなりに入れ替わっているのかなあ。あのぬいぐるみの寿命がいまいち良く分らないです。
いすずが参加するようになって1年という事らしいのですけれど、経営のてこ入れをするならまず、いすずよりも交渉術の上手い人を探し出した方が・・・
暴力的なマスコットやお人好しそうなお姫様もですけれど、何というか、不適材不適所、という言葉を地で行ってる気がします(汗)
可児江が力を貸すと決めましたけれど、スタッフや施設を見るに、一朝一夕には変わら無さそうなイメージがあります。
いったいどんな手で集客するのかなあ。
次回が楽しみです。
ひつぎ
『棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE』の第2話を観ました。
第1話から引き続き、八英雄のクローディアさんとの決闘、でした。
遺体に頓着しない人生の成功者、という風のクローディアさんは、本当は何かあるのでは、とどきどきしながら見ていたのですけれど、最後まで親切なお姉さんキャラでした。
・・・他の英雄たちとの落差がありすぎです(汗)
詠唱短縮や威力を増す方法を教えられたチャイカは、これでパワーアップするのかなあ。

紅チャイカも、他の八英雄から遺体を奪っていた様です。
・・・この人は普通の家暮しみたいでしたけれど、どんな人だったのかなあ。

偶然にも同じルートを辿っているらしい白と紅ですけれど、次の目的地で鉢合わせになるのでしょうか。
楽しみです♪
ゆみ
『魔弾の王と戦姫』の第2話を観ました。
自分の領地が襲われると知ったティグルが救援に駆けつける、という内容、かな。
敵の「味方に付かないなら敵になる可能性があるので、見せしめを兼ねて焼き払え」という考え方は極端だなあと思ったけれど、理屈はあってる、のかなあ・・・?
エレオノーラに対するティグルの「救援に行くので兵を貸してくれ」というお願いも、ちょっとびっくりでしたけれど。
きちんと損得を考えて応じるエレオノーラも面白かったです。
侍女は屋敷にただ居たのがちょっとううん、でした。てっきり立てこもるか、家宝の弓を持って逃げるのかと思ったのですけれど。

今回は間一髪で間に合った、という感じで、本格的な戦闘は次回かなあ。
ティグルの黒い弓はいわく有り気ですけれど、それも次回判るのかな。
楽しみです。
さらりーまん
『サラリーマン中二病』とい小説を読みました。
山南葉という作家さんのデビュー作、だそうです。
エリュシオンのサイトでタイトルを見た時は、なんとなくぶらじま太郎や火浦功みたいなお話を想像していたのですけれど・・・
内容は、異世界に行くのが夢のサラリーマンが本当に異世界へ行ってしまう、という展開でしたけれど、意外と普通な方、でした。どちらかというとサラリーマンはあんまり関係ないかも?
お話の流れがきちんとしていて読みやすかったのは良かったです。
表紙や挿絵はルナがヒロインみたいに描かれているのですけれど、本編では明道という主人公の友達が完全にヒロインポジションなのが不思議な感じでした。
幸貴にはこういうしっかりしたお嫁さんが必要だと思うので、変ではないのですが・・・

「1」とあるので以下続刊らしいのですけれど・・・せっかく主人公が自力で異世界へ行ける技術を見つけたのですから、猫耳世界だけでなく、次はいろいろな世界を巡って欲しいなあ、と思います。
いろいろ
『進撃のバハムート』第2話
ファバロがヘルヘイムという土地を目指すアーミラと同行する事になるお話、かなあ?
カイザルがファバロに恨みを持つ原因が、本当に酷そうでドン引きです・・・
いまの所感情移入出来そうなキャラが居ないのですけれど、一歩引いて観られれば楽しめそう、かなあ。


『俺、ツインテールになります』第1話
ツインテール大好きな主人公が、変な性癖を持つ敵と戦う物語・・・なのかなあ?
主人公の声が、変身前と変身後で、シャリーのアトリエのアルバートがシャルロッテに変わるのは個人的にちょっと面白かったかも。
バカバカしい設定でハイテンションに突き進むタイプのアニメ、なのですけれど、この手のお話はあんまり好みでは無いので、ちょっとノリについて行けなかったのが残念です。
ゆみ
『魔弾の王と戦姫』の第1話を観ました。
ちらっと見た宣伝で「MF文庫Jが誇る五大タイトル」と書かれていたので、失礼ながらまた変なハーレム物かなあと思って見たのですけれど・・・意外と面白くて驚きでした。

弓以外はからっきしな地方領主のティグルと、その腕に惚れ込んだ敵国の女領主(?)エレオノーラのお話で、思ったよりもきちんと戦記物な雰囲気でした。
ヒロインのエレオノーラが主人公のティグルを手に入れようとする方法が「捕虜として捕え、支払えない額の身代金をふっかけ部下にしようとする」というのも、普通の戦記物っぽくて面白いかも。
最初に単騎でエレオノーラに挑んだティグルの行動も、きちんと勝算と損得を考慮しての事だったのも好感が持てましたし・・・
時折入る男性向けサービスが、ちょっと雰囲気にそぐわないのが残念かも、ですけれど・・・

次回は自分の領地に戻っての戦いなのかなあ?
来週が楽しみです。
ゆうえんち
『天城ブリリアントパーク』の第1話を観ました。
つぶれかけの遊園地を再建するお話・・・かと思いきや、3ヶ月以内に25万人集客せよ、という無謀なミッション物でした。
ええと・・・何かの有名イベントを連発でもしないと無理なのでは(汗)

さびれた遊園地の雰囲気と、ローテンションで案内するいすずが妙な感じで面白かったかも。
寂れ方が、よく見ると資金難で手が回らない感じがすごく出ていて、ちょっと感心しました。自販機の全部売り切れとか・・・
あれって、回転が悪いから補充を少なくして、その結果すぐ売り切れになって更に回転が・・・という悪循環なのですね。
ソーサラーズヒルの建物も、危険度が低いから後回しにされてるのかも。
そんな中でも、不調だと危険なジェットコースターとフリーフォールはきちんと稼働していて、最低限の安全面には配慮してるのがえらいかも。

キャラクターも可愛らしいですし、これはどういうお話になるのか楽しみです。
どらいぶ
『仮面ライダードライブ』の第2話までを観ました。
喋るベルトが可愛いです。
特撮ヒーローものだけれど、刑事物らしく事件について最低限の手掛かりを提示したり、組織描写もしたり、頑張って刑事してるかも。
フォームチェンジの時にベルトが格好良い声で「タイヤ交換」と言うのが、ちょっと素敵でした。
この声の人って、クリス・ペプラーさんなのですね。
『人生』の原作小説では、赤松が変身したコガネンの声はクリス・ペプラーだったそうなので、アニメで使えなかったのは本家でベルト役をするからなのだなあ、とちょっと納得でした。

らぶらぶ要素はちょっと無さそうですけれど、敵味方に格好良い男の人が多いですし、お話も面白いので、毎週楽しみかもです。
しんげき
『進撃のバハムート』第1話
タイトルからして人間と竜が戦うアニメなのかなあ、と思ったのですけれど、そうでもないのかなあ?
俗物の賞金稼ぎな主人公と謎の美女、という組み合わせのファンタジーっぽいです。
転がる巨大な輪の上で男同士戦ったり、巨大怪物と悪魔美女が殴り合いしたり、とにかくアクションが派手でした。
ストーリーが判るのは次からかなあ?


『繰繰れ、コックリさん』第1話
自分を人形と称する一人暮らしの女の子と、こっくりさんの儀式に呼ばれてやってきたキツネの化け物のハートフルコメディ・・・っぼいです。
カップ麺を否定して食事を作ってあげるコックリさんは良い人ですけれど、いきなり少女宅に上がり込んで住み着くって・・・「イケメンだから許される行為」ですよね(汗)
ギャグのテンポも良いですし、最後の良い話で終わりそうな雰囲気を自らぶち壊す残念振りも可愛いし、これは面白いコメディかも。
ピンナップ
ファナティックブラッドで参加していた、L-Cさん主催のパーティーピンナップが完成してました。
これです
・・・立花さんだけ、衣装チョイスがちょっと浮いてる気が(汗)
でも、格好良いPCに囲まれてちょっとしたハーレム気分かも。
L-Cさん、お誘いありがとうございました♪
う、ううん?
『グリザイアの果実』の第1話を観ました。
ええと、これは何だろう・・・(汗)
大きな校舎に生徒がたった6人で、しかも全員寮暮し、というのが普通ではないし、それをことさら普通と強調するのが、どういう仕掛けなのかさっぱり分らない・・・
ただ、主人公の感性も普通でなくて、見当違いな言動でコメディな空気になるせいか、謎だらけの出だしでもそんなにストレスは感じませんでした。
これは最近のアニメではちょっと珍しいかも。

いまの所内容もぜんぜん分らないのですけれど、続けて見ていれば判るのかなあ。
がんだむ
『ガンダムビルドファイターズトライ』の第1話を観ました。
前作から7年後の、セイ達が通っていた学校で、ガンプラバトル部のただ一人の部員となってしまったフミナが奮闘する、というお話でした。
前作では模型部だったのが、プラモデル部とガンプラバトル部に分かれたのかな。
でも、あれだけ大人気だったガンプラバトルが、学校内だけとはいえ廃れているのはちょっと寂しいかも。
チナの弟やセカイが本格的にガンプラ部に入って仲間が揃うのは次回から、かなあ。
ガンプラの見せどころは、ドムの中から変なガンダムが出て来た所なのかなあ。
セイは何を考えてあんな事をしたのでしょう。
フミナの使っている黄色いジムの、2つの楯が個別に動くのがちょっと格好良いかも。

次回も楽しみです。
よさこい
『ハナヤマタ』の第1話を観ました。
よさこいをするお話、らしいのですけれど・・・萌え系というより部活もの、青春ものという路線なのかなあ。
第1話という事で、よさこい部を作ろうとするお話から、でした。
う、ううん・・・急に勧誘されて戸惑うなるの気持ちはよく判るのですけれど、悩むというより、ぐだっと消極的な態度がちょっと長くて、ううんという感じでした。
その分ハナが積極的なのかもですけれど・・・
この子、これからどうなるのかなあ。

キャラクターがとても可愛らしくて、見ているだけでもほわっとする感じかも。
次回が楽しみです。
いろいろ
『テラフォーマーズ』第1話
ううん・・・第1話だけでは良く分らなかったのですけれど、SFぐろ系バトル物、なのかなあ?
主人公の声が格好良かったです。

『天体のメソッド』第1話
空に変な円盤が浮かぶ町に引っ越して来た子のお話・・・なのかなあ。
変な子が居たりして、ちょっとファンタジーな感じ、かなあ?
1話だけだと、どういう話になるのかちょっと分らないかも。

『デンキ街の本屋さん』第1話
本屋さんを舞台にしたコメディ物、かなあ。
ちょっとよく分らないネタもありますけれど・・・
男性の声が格好良いかも。
かんけつへん
『バディコンプレックス完結編 あの空に還る未来で』を観ました。
以前放送していたシリーズの完結編で、前後編だったものです。
内容は何というか・・・ロボットアニメのお約束を全部踏襲したみたいなストーリーでした。
テレビシリーズの最後では、ヒナと青葉が同じ時間をループし続けているという真相が語られてましたけれど、今回はそもそもどうしてそうなったのか、という原因まで判明したのが、ちょっと意外だったかも。
全部カップリング機研究のせいだったのですね・・・(汗)
ストーリーは駆け足でちょっとどたばたしていましたけれど、仕掛けはちょっと凝っていましたし、別時間から来た二人が元の時間へ帰る、という終わり方もすっきりしていて、私には割と好みのお話でした。
いろいろ
『少年ハリウッド』最終回
「1月から二期放送決定」とあったので、分割2クールものだったようです。
今回は公演編のラスト、だったのですけれど何というか・・・行動がちょっとズレてるマッキーにメンバーが文句を言うだけ、でも改善案は出さない。というやり取りがテンプレートになっていて、ちょっとげんなりでした。
マッキーはいい加減キレて良いと思います。

突然ミュージカル回の様に面白い時はがしっとハマるのですけれど、今回の変顔メイクの様にそんなにひっぱるネタじゃない物も長々とやってしまったりして、ちょっと当たりはずれが激しいアニメだったかも。
あと、何作もあるアイドル物の中で彼らが一番プロ根性が無いのも、見ていてちょっと気になりました。


『精霊使いの剣舞』最終回
予選最終戦と、念願のブレイドダンス本戦進出回でした。
空中要塞の人は、どうして折角引き抜いたメンバーを使わなかったのか謎だったかも。
結局いろいろな謎を投げっぱなしで終わったので、最終回という感じがしないなあ・・・
ふくしゅう?
『復讐教室』の第3巻を読みました。
面白いのですけれど・・・ううん、やっぱり復讐っぽくないというか、相手によっては復讐というより嫌がらせ、みたいな雰囲気なのがちょっと気になるかも。
殺してしまった人も結局主人公の思惑が外れた、事故みたいな物でしたし・・・
何となくイジメの首謀者は主人公の友人じゃないかな、という気がしているのですけれど、正解かどうか判るのはもっと後になってからなのかなあ?

次巻は2015年の冬頃発売、とあるので、このペースだと物語の結末を読めるのはかなり先になりそうです。
特番
NHKで放送した『アリスSOS』というアニメを観ました。
ずいぶん前に放送された物らしいのですけれど・・・いま見ても普通に面白いかも。
エムワンと名乗る神様は数学の神なのだそうですけれど、主人公達を助ける方法も態度も数学と全然関係なくて・・・というか、きちんと助けられたのは一回だけという、本当に神様なのか疑わしかったのが、何だか面白かったかも。
アリスは結局なんで攫われたのか、いまいち良く分りませんでしたけれど、最後まで王道で面白いアニメでした。


『アイドルマスター特別篇』も観ました。
こちらは何だろう・・・ショートアニメの盛り合わせ、という感じでした。
回転寿司でジュピターの3人を相手に無双する貴音や、カラオケの得点でむきになる千早など、本編を見てた人向けのコメディサービス回、という感じかなあ。
こういうノリは好きなので、楽しく見る事が出来ました。
いろいろ
『まじもじるるも』最終回
るるもがみんなの記憶からも消えてしまった日常で、主人公が違和感を感じる・・・というお話でした。
良い話という風なのだと思いますけれど、コメディっぽいおちなせいで、ちょっと・・・な気がします。
そもそもるるもの修行が終わるには主人公が契約で魂を使い切らなくてはならないので、猫が修行が終わらないと文句を言う=主人公に早く死ねと言っているような物なのが、ちょっと・・・主人公がどうしてるるもや猫に優しく出来るのか、最後まで良く分りませんでした。


『魔法科高校の劣等生』最終回
横浜テロの犯人達を殲滅して終了、という事で良いのでしょうか。
主人公達のおばさんとか、変な人とか、謎なことが残っているのは、その後のお話なのかなあ。続編とか、やるのでしょうか。
戦闘シーンでは、主人公側の変な鎧が悪っぽい顔つきなせいか、ロボの方が正規軍かと勘違いしそうな図式なのがちょっと面白かったかも。
でも、いまいち盛り上がりというか・・・あんまり派手じゃなくて、ちょっと物足りなかったかも。
もし続編があるなら、もっと派手な魔法の戦闘が見たいなあ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。