プロフィール

狭く浅くゲームを遊んでいる人です。

猫ひげ

Author:猫ひげ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

シンプルアーカイブ

気まぐれねこ日記
猫ひげが遊んでいるゲームの事なんかを徒然と書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篇?編?
よく行く映画館で義援金の受付を始めたというので、募金した帰りに『SP 革命篇』を見てきました。
ニュースでは「革命編」と「革命篇」の二通りのタイトルがごちゃ混ぜになっているのですけれど、公式HPでは「篇」を使っているので、こっちが正しいのかな・・・?



感想は追記に・・・



感想は一言でいうと、「面白かった」でした。
正直、前作「野望篇」がかなり期待外れだったので、あんまり期待していなかったぶん予想以上というか・・・
前の週にテレビで放送したスペシャル番組もあわせて観れたので、凄く面白く観られた、というのもあるのかもですけど。

俳優さんは勿論、国会内のセットもかなり豪華で本物そっくりに見えたし、議員も警護の人達もリアルで、力が入ってるのが伝わってきました。
主人公の井上君は今回も走ったり飛んだりと、凄いアクションの連続でした。
この人、本当にアイドルグループの一員なのかなあ・・・仲間役の俳優さん達もみんなそうなのですけれど、アクション俳優って言われても不思議じゃないくらい、凄く動いてて改めてびっくりです。
ストーリーも満足のいく内容でした。
上司の人が大義に走る動機が、凄く個人的な事なのにも納得が行きましたし、似た様な境遇なのに、それでも対立して職務を果たそうとする主人公も格好よかったです♪
国会内で孤立してしまった時、同じ職場の仲間が、彼を放っておけないと自分なりの理由を付けて同行する場面なんか、にんまりしてしまいました。
最後の方で、上司さんの目指す革命と、彼の同士達が企む革命がズレてきていたのも、両者の求めるものの違いが出ていて楽しかったです。
主人公達は両方を阻止した形になったけれど、いちおう上司さんは個人的な目的を遂げられた、のかなあ?
テレビ中継されていない場所まで逃げてから敗北宣言をして罪を認めた総理大臣さんの方が、一枚上手だったように見えました。



ただ、この革命篇とテレビスペシャルが面白かっただけに、前作の野望篇がいっそうよく判らない感じになったのが残念かも。
そもそもこんな大事を企むのなら、警戒されないよう事前の行動は控えた方が良い筈なのに、何で主人公一人を片付けるのにあそこまでやったのかなあ、とか・・・
テレビスペシャルでやった「当日、主人公達を配置から外す」というだけで充分なのに。
何となく、テレビスペシャルの「革命前日」を「野望篇」として上映した方が、お話的にはしっくりきて良かったのではないか、という気がします。

でも、まだ明かされていない謎や、続編への含みのような描写も最後にあったので、今後明らかになるのかな、と考えるとちょっと楽しみです。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nekotama1092.blog33.fc2.com/tb.php/1035-33abb533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。