プロフィール

狭く浅くゲームを遊んでいる人です。

猫ひげ

Author:猫ひげ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

シンプルアーカイブ

気まぐれねこ日記
猫ひげが遊んでいるゲームの事なんかを徒然と書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ううん・・・可哀想
氷菓の第11話、『愚者のエンドロール』を見ました♪


ええと・・・浮気と思ったら実は美人局の詐欺だった、というお話・・・かなあ?
伊原さんと福部君と千反田さんが、それぞれの視点から折木君の案に駄目出しする時、他の人に聞かれない様にする気の使い方がかえって3連撃になってしまったのと、珍しく狼狽したり言い訳する折木君の姿がちょっと可哀想でした。
浮気の薬にしては苦すぎかも・・・
それと、福部君が何だかいつもと違う感じでちょっと気になりました。
もうちょっと飄々と指摘するのかと思ったのですけど・・・好きなホームズ作品に関連した事だから真剣だったのかなあ?
伊原さんはもっとガンガンツッコミを入れるかと思ったけど、気を使って歯切れが悪い物言いだったのも意外だったので、カップル二人でバランスを取ったのかなあ?

折木君と入須の対決シーンは心の中で応援しながら見守っていたのですけど、追い詰めるのに一歩及ばず、という感じでやっぱり可哀想でした・・・
けど、これで世の中には入須みたいな悪人が居ると判ったのですし、折木君には良い経験だったのかも。
折木君にとっては、千反田さんをこういう悪意から護るのが本業ですものね!
一方入須はチャットで本郷さんと謎の人相手にチャット・・・謎の人はともかく、クラスメイト相手なら電話でいいじゃない、と思うのですが。
謎の人は多分、10話で入須が折木君についての話を聞いた「学外の人間」だと思うのですけど・・・
折木君に詳しくて地球の裏側に居るとなると、もしかしたら折木君のお姉さんなのかなあ?
でも旅行に出たのは確か春で、今は夏休みの終わり・・・この人が折木君のお姉さんだとしたら、いったい何ヶ月旅行してるんでしょう(汗)


最後の折木君と千反田さん二人きりの謎解きシーンは、久々の平和なツーショットでほっとしました。
川辺の指摘シーンはノーカウントですものね。
本当にへこんでる折木君と、彼を気遣う千反田さんの姿に、数話ぶりのほわほわでした♪
千反田さんも折木君も、謎解きをするより聞くより、それを通した二人のスキンシップで癒し癒され、という感じで可愛らしいです♪
8話からの映画編は、最後のこの可愛らしい1シーンの為にあったといっても過言じゃありません♪
折木君の声に元気が無いので、完全復活とまではいってないみたいですけど・・・
これは来年発売のコミックスに付いてくる11.5話に期待です♪


次回は『限りなく積まれた例のあれ』
タイトルからすると夏休みの宿題かなあと思ったのですけど、映像では文化祭の看板が立っていたので違うのかなあ?
何が積まれてるのか気になるなあ。
それと文化祭なら、折木君と千反田さんが一緒に見て回ったりするデートがあるかも♪
次回も楽しみです♪




今回のお話でふに落ちないのが、入須がチャットで打った「私はこのプロジェクトを失敗するわけにはいかない立場でした」という台詞です。
8話で入須は自己満足は許されると言っていて、2年F組はみんなでビデオ映画を作るのが目的だったのだから、完成した映画がどんな出来でも完成したら成功な筈なんですよね。
9話に出てきた三人の案のどれを採用しても良い筈だし、入須がクラスメイト達に一言言って本郷さんの案を押し通しても良かったのに。
クラスメイトと違い、映画が不出来になることを失敗と取る入須の思惑だけは、よく判りませんでした。
もし映画が不評だったら、それが原因でクラス内で諍いが起きるかもしれないから・・・かなあとも思うのですが
そもそもアンケートで決めたのだから誰の責任にもならないと思うし・・・
入須がまた今度悪い事をしようとしたら、今回の事とあわせてどういう動機なのか判るのかなあ?
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nekotama1092.blog33.fc2.com/tb.php/1081-b22c5390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。