プロフィール

狭く浅くゲームを遊んでいる人です。

猫ひげ

Author:猫ひげ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

シンプルアーカイブ

気まぐれねこ日記
猫ひげが遊んでいるゲームの事なんかを徒然と書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山登り・・・じゃなかったです
氷菓の第18話『連峰は晴れているか』を見ました♪


部室の窓際に文集『氷菓』とお料理研のワイルドファイア優勝盾が飾られているのと、お祭り後の静かな雰囲気がいかにも文化祭の後という感じで素敵です♪



放課後の部室。ヘリの音で中学時代のヘリ好きの小木先生を思い出した奉太郎君でしたけど、伊原さんと福部君には覚えが無いみたい・・・というお話でした。
小木先生のことが気になる奉太郎君と、気になる奉太郎君が気になる千反田さん。
いつも以上の勢いで気になってたけれど、もしかしたら千反田さんには、奉太郎君が気になりますの天使に見えたのかも。

図書館まで一緒に行かないのは、隣に一緒に帰る自転車と歩きのカップルさんが居たから意識しちゃったのかな。
千反田さんが「二人乗りでも良いですよ」といったのに、それに対する奉太郎君は、二人乗りの図を想像して「無いな」
だんぜんアリだせと思うのですけど・・・妄想内の千反田さんがどちらも微笑んでるのが素敵です♪
省エネ主義的には千反田さんの後ろに乗せて貰ったほうが早く楽に図書館へ行けるはずなのに、先に行ってもらう奉太郎君ににまにまです。
文化祭でも千反田さんを意識してたけれど、カップルに見られそうで気恥ずかしいという反応は初めてかも♪

二人きりでの調査は温泉宿での首吊りの影以来です。
あの時は同じ事を調べていたけれど、今回の千反田さんが気になってるのは、奉太郎君のこと。
図書館デートでは、千反田さんが奉太郎君の読んでる本を覗いたり「見たいものはありますか?」と聞いたりしていて、本を通して奉太郎君の事を知ろうとしてました。
奉太郎君が本を開いたら飛びつくように側に来てましたものね♪
自分の気になる本も見せてるのは、奉太郎君に自分の事も知って欲しいと思ったのかもです。
奉太郎君も省エネなりに千反田さんを向いたりしていて、二人の仲よしぶりにほわほわでした♪
それにしても、歴史にお城・・・なかなか渋い趣味です。

帰り道に、何故小木先生のことを調べようと思ったのかを奉太郎君に尋ねる千反田さん。
目がきらきらしてないので、好奇心とは別の感情から知りたがってるみたいです。
千反田さんが持つ奉太郎君のイメージは『他人の事は助けるけれど、自分の事には無頓着』
確かに、千反田さん視点でいままでを振り返ると省エネ主義よりこっちの方がしっくり来る評価です。
奉太郎君の答えは、ただヘリ好きと思ったままだと無神経だから。「人の気も知らないでってやつ」だそうです。
自分の行動も他人への気遣いに基くのが、奉太郎君らしいなと思います。
「それってとっても・・・」の後がうまく言葉に出来ない千反田さんは何を言いたかったのかなあ。
まあいいかで済ませる奉太郎君がいけずです。
質問したりして上手く言葉にしてあげれば、きっと二人の仲が急接近だったのに。


次回は「心当たりのある者は」
どんな内容なのか、いまいち想像のつかないタイトルです。
落し物の持ち主探しとかがありそうですけど、予告映像では部室でらぶらぶしてたので、もしかしたら恋愛関係のお話かも?
奉太郎君の新たな一面を知った千反田さんがどうなるのか、すごく楽しみです♪
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nekotama1092.blog33.fc2.com/tb.php/1104-19fa2aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。