プロフィール

狭く浅くゲームを遊んでいる人です。

猫ひげ

Author:猫ひげ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

シンプルアーカイブ

気まぐれねこ日記
猫ひげが遊んでいるゲームの事なんかを徒然と書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化祭
小説『クドリャフカの順番』を読みました♪
智志君が表紙の可愛い・・・かなあ。格好良い、ではないと思うのですけど。




ストーリーはアニメ版とほとんど変わってないっぽい、です。
目立ったのはお姉さんの訪問とコスプレが違うくらい・・・?
アニメだとはっきり映るから、版権元に許可を貰わないといけない関係かも。
あとは、奉太郎君の推理モードに気付いてるのがえるちゃんだけ、っていう所です。
アニメの方は全員が気付いてたっぽいですけど、小説と違って判り易い癖があるせいかなあ?

小説では古典部4人の視点で書かれていて、それぞれの立場から文化祭の様子を読むのが楽しいです♪
けど、摩耶花ちゃんはほとんど漫研に居たり、智志君はあちこちイベント巡りをしてたり、えるちゃんは文集を売るためにあちこち回ったりで、古典部が集まって・・・という場面があまり無いのが残念かも。
智志君がふだんの千反田さんをトロいと思ってたり、摩耶花ちゃんが奉太郎君自身も気付いてない想いを見抜いていたり、前二巻では判らなかった事が沢山でてきていました♪

事件もアニメと同じ感じでしたけど、作中で奉太郎君が感じてる通り、他の探偵志望者達がちょっと可哀想かも・・・
同人誌がないと分からないって、結構難易度高いですものね。

ちょっと難しいところもあったけれど、読んでいてとても楽しい小説でした♪


次巻はアニメ最終回を見てから、じっくり読みたいと思います♪
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nekotama1092.blog33.fc2.com/tb.php/1116-d4c8193a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。