プロフィール

狭く浅くゲームを遊んでいる人です。

猫ひげ

Author:猫ひげ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

シンプルアーカイブ

気まぐれねこ日記
猫ひげが遊んでいるゲームの事なんかを徒然と書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まらそん大会♪
ようやく古典部シリーズの5冊目、『ふたりの距離の概算』を読みました♪

英語タイトルは「It walks by past」
う、ううん・・・翻訳によると、過去を歩く、と訳するそうです。
内容はマラソン大会中に奉太郎君が事件についての経緯を思い出しながら推理する、というものなので、何となく納得・・・するのですけど、歩いちゃ駄目ですよ奉太郎君!



お話はマラソンで走りながら考える場面と、回想シーンとが交互に入る流れなのですけれど・・・
二年に進級してからの奉太郎君とえるちゃんの様子が、とにかく可愛らしいです♪
新入生勧誘の時の、仕事そっちのけで推理しながらいちゃいちゃする二人にもほわほわでしたけど、何と言っても奉太郎君の家での誕生会のシーンが!
意識し合う二人の様子も反応もこう・・・すごく、らしいというか。
周りにも認知されてるのだし、もう隠すことなんて無いのに!と、もだもだでした。
素直じゃないしそっち方面に鈍い奉太郎君視点なので、えるちゃんとのやり取りや思いに関してはさらっと流してますけど、彼女の為にマラソン大会で頑張ったり、自分のせいだと落ち込む彼女に怒ったりして、省エネ主義が見当たらないのが可愛いです♪

小説も勿論楽しくて満足なのですけど、このお話をアニメでも見てみたいなあ・・・
と思うくらい、素敵な本でした♪
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nekotama1092.blog33.fc2.com/tb.php/1144-d414f92c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。