プロフィール

狭く浅くゲームを遊んでいる人です。

猫ひげ

Author:猫ひげ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

シンプルアーカイブ

気まぐれねこ日記
猫ひげが遊んでいるゲームの事なんかを徒然と書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六巻目♪
毎月最後の金曜日は氷菓のBD発売日♪
先日さっそく、氷菓の第六巻を買って来ました♪
カンヤ祭の歩き方がついてる!
何か楽しそうな内容で、本当にカンヤ祭をやってたら見に行きたくなってきます♪


おまけCDの、ありえない幕間劇の11は『愚者のイントラップ』
奉太郎君と供恵さんの会話から察するに、11.5話と12話の間かなあ。
折木姉弟のスキンシップ、でした。
供恵さんはやり過ぎじゃないかなあと思うのですが、この頃の奉太郎君は落ち込んでたから元気付けようとして・・・なのかなあ?

12は『限りなく仕組まれた例の作戦』
とある出来事に関して会議を開く古典部、というエピソードでした。
単語を格好良く言い換えるだけで、何だかスパイドラマみたいな会話劇になって面白いです。
ここでも奉太郎君がひどい目にあってて、ちょっと可哀想かも。

その後に収録されてた自主制作映画のBGMは、アカペラ部の歌との落差が凄いかも(汗)


オーディオコメンタリーは普段通りのおっさんコントでした。
一人称の小説の解釈や、文化祭の大変さとか、色々なお話が聞けて相変らず面白いです♪
本郷さんの脚本の話は「ああ、なるほど」ってなりました。
確かに奉太郎君の推理した本郷さん案は面白そうですけど、映像化すると8話のあの出来になるのですよね・・・
漫画研究会のコスプレのお話とかも面白かったです。
ナコルル先輩はもうナコルル先輩で良いと思うのですけど。
当初の案のままカンヤ祭をやったらどうなったのかなあ(汗)


コミックスに付いてくる、11.5話にもオーディオコメンタリーが入るらしいので、楽しみかも♪
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nekotama1092.blog33.fc2.com/tb.php/1155-e6df7aa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。