プロフィール

狭く浅くゲームを遊んでいる人です。

猫ひげ

Author:猫ひげ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

シンプルアーカイブ

気まぐれねこ日記
猫ひげが遊んでいるゲームの事なんかを徒然と書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も怪談♪
今日は怪談レストラン、第19話でした♪


「あの世の旅のご案内」は、神社のお祭りに来た三人が、冥土の旅のご案内という出店で死後の世界の説明を聞く・・・というお話。
初七日という言葉は良く聞きますけれど、二七日という言葉は初めて聞きましたけれど・・・
七七日、または四十九日というくだりで、初めて二七日や五七日が2×7や5×7という数えだと気付きました。
川の前に居る奪衣婆・・・って書くのかなあ?何か怖い感じかも。
川を渡った後も山を登ったりまた罪を計ったり、道のりも長いですけど、死者の最終的な行き先が決まるのは三周忌のときって・・・死んだ後の世界の手続きって長いなあ・・・


「悪魔の窓」は、毎度おなじみ昔話。
教会にあった悪魔を呼び出す本を、司祭の弟子が好奇心から使ってしまって・・・というお話。
司祭様にショウ君、弟子の二人がアンコちゃんとレイコちゃんでした。
悪い命令を聞くまで帰らない悪魔達は、何だか怖いけれども何処と無く愛嬌があって可愛いかも。
噛みタバコを盗む命令をした司祭様の機転も流石ですけれど、量が足りなくて代わりに窓を盗んでいった二人の悪魔が、その後も窓を盗み続けているという後日談も何だか可愛らしいです♪

「泣く釣鐘」は、職人さんがお寺の釣鐘を作ったけれど・・・というお話。
行方不明になった男の子がどうなったか、という顛末と釣鐘の音色がちょっと怖かったかも。
これに似たお話を聞いた事があるのですけれど、もしかしたら何か元になる有名なお話ってあるのかなあ?


今週も楽しいお話でした♪
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nekotama1092.blog33.fc2.com/tb.php/957-b78c7b6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。